小豆粥 意味

トレンド豆知識

小豆粥を食べる意味や由来!栄養や効能・カロリーはどれくらい?


小豆粥の画像

小豆粥ってご存知ですか?


読んで字の如く、小豆を入れたお粥ですが
古くより日本では小豆粥を食べる風習があります。


では、小豆粥の由来や意味とは?

知るととても有り難い食べ物だということが解ると思います。


Sponsored Links




小豆粥の意味と食べるようになった由来とは?


小豆粥は小正月である
1月15日に食べる行事食です


1月には七草粥を食べる風習もありますが、

小豆粥は邪気払いの意味があり、
一年の健康を願って食べるというものです。


また、15日は「望の日」であることから
別名”望(もち)粥”とも呼ばれています。

鹿児島で行われる七草祝いとは?



赤い色(小豆の色)は稲作民族の呪術に結びついており、
古くから祭祀で小豆が用いられて来ました。


現在でいう百科事典にあたる南北朝時代の
日本で書かれた『拾芥抄(しゅうがいしょう)』

それによりますと、中国の伝説による

「蚕の精が正月の半ばに糜(粥)を作って
  自分を祀れば100倍の蚕が得られる」

という託宣があったとされる話に由来しています。



中国では冬至に食べられていたようですが、

六朝時代の中国南部では、
1月15日に豆粥を食べる習慣があり、
それが日本に伝わってきたものとされています。


思えば日本は小豆を使ったものを行事
ハレの日に食べる事がとても多いですよね!


代表的なものには「お赤飯」がありますが、
古くより小豆は縁起のよい食べ物とされています

失敗しない赤飯の炊き方のポイントは水加減!?



Sponsored Links



小豆粥の栄養や効能は?カロリーはどれくらい?


無病息災を願う食べ物である小豆粥
では、どんな栄養や効能があるのでしょうか?


七草粥も同様ですが小豆粥も、

正月に日頃よりも飲んだり食べたりする事が多かったため、
胃を労るために食べていた等という意味も成しています。



小豆は解毒作用・利尿作用といった効能があり、

むくみ取りや便秘解消、
胃を穏やかにするといった働きがあります。




小豆の栄養である鉄分や亜鉛、
カルシウムやカリウムと言ったミネラル、

皮の赤い色はアントシアニンであり、
抗酸化作用を持つので美容やガン予防、

茹でた時に出る泡にはサポニンを含み、
高い利尿作用を持っています。


糖質やタンパク質などはエネルギー源となり、
消化が良く、お腹から体を温める効果もあります



また、血糖値の上昇、コレステロール、
血圧上昇を抑制する働きもあり、

実に理にかなった食べ物といえます。



気になるカロリーですが、
レトルトの小豆粥でみてみると、

1人前250gで約110kcal
一般的な白米よりはカロリーが控えめです。


圧力鍋や炊飯器を使った小豆粥の作り方は?


小豆粥を作ろうとすると水に浸す必要はなくとも、
アクをある程度取り除く必要性があるので

茹でこぼしたり、
アクを取り除くといった手間がかかります。


簡単に小豆粥を作って食べる場合には、
市販にあるゆであずき(無糖)が便利です。




 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索