秋冷の候

トレンド豆知識

秋冷の候の意味や使う時期はいつから?結びの例文は??


f7377c0843d37163d040ccbfea4ce575_s

昨今メールやLINEが主流の世の中ですが、
きちんとした場面では手書きの礼状や
季節のお便りを出すのが大人の礼儀です。

そうした時に必要な時候の挨拶


今回は秋冷の候の意味から使い方までを
ご紹介したいと思います。


Sponsored Links




秋冷の候の読み方とその意味


秋冷の候(しゅんれいのこう)と読む時候の挨拶、
その意味は見るからに想像がつくと思います。


暦の上ではすっかり秋を迎えつつも残暑厳しい近年。

夏ではない秋の訪れを感じる瞬間が体感で感じられる頃に
最低気温も落ち着き朝晩なんとなく肌寒さを感じられる

・・・そんな季節に使われる時候の挨拶です。



時候の挨拶は暦上の季節や
体で感じる季節感を表す言葉等多くあります。


秋冷の候においては秋の季語を使う期間であり、
どちらかといえば今現在の季節の変化を表した言葉です。


Sponsored Links



秋冷の候を使う時期はいつからいつまで?10月や11月も使えるの?


秋冷の候を使う時期は明確に決ってません。

とはいえ、微妙に涼しさを感じるというよりも
比較的寒さを感じる様な言葉と受け取れるので、
あまり気温差が激しい時期には使えなさそうな感じに思えます。


一般的にどんな時期から使うとほどよいのか??

リサーチしてみたところ
大半は9月23日頃の秋分あたりが頃合いで、
10月は特に問題なく利用が出来る様です。


11月7日頃の暦の上で冬の始まりである
立冬前まで使えるといった声も多いです。


11月まで行くとかなり秋も深まっている頃・・・

同じ時候の挨拶でも同時期に使う
晩秋向寒、涼感、落ち葉など
より秋が深かまった意味を持つ時候を使った方がおすめです。

晩秋の候の意味!時期はいつ?


つまり9月後半~10月中旬くらい。
後半にさしかかるあたりまでが頃合いなのではと思います。



秋冷の候を使った時の結びの例文


秋冷は秋が深まる前で、これまでの暑さから
一気に気温が下がり体調を崩しやすい季節でもあります。


時候の挨拶を用いた文章では、
文終わりに結びという相手の体を労る様な
言葉でしめくくるのが一般的とされています。


簡単に言えば「寒くなってきたから、体に気を付けてね」
といった意味になります。


もちろん親しいご友人などへのお礼状では時候の挨拶は
少々堅過ぎる印象があるので和らげた言葉でいいです。

しっかりとした礼状などの場合は
かしこまった言葉で締めくくらなければなりません。


秋冷の候の結びの例文一覧

・朝晩肌寒さを感じられる季節になりました、
  お風邪など召さぬ様ご自愛ください。

・秋を感じ冷え込んできたので、
  くれぐれもお身体ご自愛ください。

・季節の変り目ですのでどうぞお身体ご自愛ください。



「ご自愛下さい」でもよいですが
「くれぐれも健康管理に御留意ください」や
「くれぐれもお気を付けください」なども良いと思います。


相手の体への配慮以外にも近々会う約束をしている方や
会ったばかりの方への場合には、

・また近々お会いできることを楽しみにしております。

・では、◯月◯日にお会い出来るのを心から楽しみにしております。


といった結び文も悪くありません。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索