赤飯 炊飯器

トレンド豆知識

炊飯器で失敗しない赤飯の炊き方!もち米なしでも水加減で簡単に!


赤飯の画像

日本のお祝い事にかかせない赤飯
炊飯器でも簡単に炊く事が出来ます。


炊き方がわからない!
水加減はどうしたらいいの???


では、赤飯を炊飯器で炊く方法について
ご紹介しましょう。


Sponsored Links




もち米なしでも炊飯器で赤飯を作れる?失敗しないポイントは水加減?


赤飯を炊く場合のもち米の分量は
各家庭によって違いがあります。


半分入れるのか?全部もち米か?
もしくは白米で炊くというところもあります。


一緒に「ささげ」を入れて炊くので
そうした分の水分も必要

・・・となると水加減は?と頭を悩ませる訳です。



炊飯器でもち米を炊く場合には1時間程水に浸け、
炊く際の水は白米の水加減の1~2割少なくします。


例えばお米1合に対してもち米1合の半々で
2合の赤飯を炊くとします。


お米1合に必要な水は180cc
もち米1合の場合は180cc÷2×1.1

必要な水の量を割り出して炊くと丁度よく炊けます。

おいしい米の研ぎ方!水の量や回数は?


水加減が多ければベチャっとしたものになりますが、

水分が足りない場合には、水気を増やして
保温しておく事で失敗から回避させることが出来ます。



Sponsored Links



赤飯作るときは小豆じゃなくてささげ??


赤飯に大切な「ささげ」

小豆じゃないの???と
その違いがよくわからなかったりしますよね。

わが家では「ささげ」を使って
一緒に焚き上げ自然な赤飯の色を出します。



ささげも小豆も同じマメ科ササゲ属の仲間で、
見た目もとても似ていますが違いもあります。


ささげは、小豆同様の赤褐色の豆で、
白い部分(へそ)も同じ。

しかし、へその白い部分周辺に
黒い輪模様があるのが特徴です




大粒と小粒とあり、
小粒を一般的にささげとしており、

ささげの花は薄紫色、
小豆は黄色の花を咲かせます。



では、赤飯にはささげを使う?小豆を使う?
赤飯につかう豆は「ささげ」がおすすめです。


それというのも、赤飯の赤色を出す為に、
豆をゆでて出る「赤水」が必要となるのですが、

小豆だと皮が薄く割れやすいため
見た目も悪く、真ん中から亀裂が入る事が多く

「切腹」を連想するため縁起が悪いとされ
使われる事が少ないのです。


しかし、小豆がよく取れる北海道などでは
小豆を使うのが一般的の様です。




簡単!人気の赤飯の炊き方は?


人気料理サイト「クックパッド」に掲載された
人気のレシピから紹介しましょう!


材料

もち米 3合
小豆(ささげ) 80g
 800cc
 小さじ1/2
ごま塩(食べる際に振りかける用)適量


 


小豆やささげを洗いあく抜きをします。

1度かぶる位の水で火にかけ沸騰したら
2~3分煮て、一度湯も全部捨てます。


再度、豆を鍋に戻し分量分の水を入れ火にかけて、
煮立ったら弱火にし蓋をして30分ほど煮ます。


豆が指で潰れるくらいになったら、
煮汁と豆を分け、豆は乾燥しない様ラップをします。



煮汁は酸化させて赤色を出す為に、
お玉等ですくい落とすことを数回繰り返し冷ましておきましょう。


茹で汁が冷めたら炊飯器にもち米を入れ、
茹で汁をおこわや赤飯の目盛りに合わせていれ、
さらに30分浸水させます。


その後、豆と塩を入れ炊飯、
これだけで美味しいお赤飯が簡単に炊きあがります。

米にカビが生える原因と見分け方!食べられるの?

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索