ほうれん草 育て方

トレンド豆知識

プランターや水耕栽培可能なほうれん草の育て方!連作は育たない?


ほうれん草の画像

ほうれん草は家庭でも簡単に育てる事ができ、
プランターでも出来てしまうお手軽食材です。

自分で育てた野菜を料理にすればまた味は格別!


今回はほうれん草の育て方についてご紹介します!
ぜひチャレンジしてみてください。


Sponsored Links




プランターでのほうれん草の育て方!


ほうれん草は家庭菜園でも人気の野菜で、
冷涼な気候を好み寒さにも強いので、

日当りのよいところで育てれば
12月末頃まで植え付けることができます。


春植えと秋冬植えがあり、

春は2月下旬
秋冬は9月上旬に植え付けます。


収穫は1~2ヶ月程とわりと短期間で楽しめて、

植え付けを多少ずらして育てれば
長い期間楽しむ事ができます。



ほうれん草をプランターで育てる場合は
45~60cm程度のサイズで場所にあったものを選びます。


ほうれん草は酸性が苦手なので
土は野菜用のものを用意します。


プランターの上部4~5センチ残す程度に
土を入れて表面をならしましょう。

種はホームセンターに売っています!


直播きで条間は10センチおき、株間は狭くても育ちますので、
種を植えたら薄く土を被せて水をたっぷりと与えます。

ほうれん草の花は食べられる?毒の心配は?



Sponsored Links



ほうれん草の間引きや水やり方法!連作は育たない?


ほうれん草の間引きは2~3回に分けて行い、
成長の悪いものなどを取り除きますが、

それほど害虫にもあいにくいのでそのまま、
もしくは株間をやや意識して間引くといった感じです。


株間を意識した間引きは
元気の良いものも間引いてしまいますが、

間引いたものも食べる事が出来るので
ぜひお味噌汁の具などで食べてください。



水やりのポイントは土が乾いたらたっぷり与える!

また、ほうれん草は連作ができない野菜なので、
1度使った土は最低1年休ませる必要があります。


連作する場合には土壌改良剤などを使用し、
植え付けする1週間は馴染ませたいですね。


ほうれん草が育たない場合ですが、
育てる季節が暑過ぎたりしませんか?

6月下旬の夏至をピークに成長が悪くなります。


他になんだか貧弱な感じが・・・という場合は
野菜用の土以外のものを使っている場合が多く、

酸度が高い場合があるので
消石灰苦土石灰を土に混ぜ込むとよいでしょう。




ほうれん草が水耕栽培できる!その方法は?


ほうれん草を育てたいけど場所が無い!
そんな場合には家の中で水耕栽培で育ててみましょう!


種の発芽はスポンジを使い、
栄養が含まれている水溶液を使用します。


品種としてはサラダほうれん草が育て易く、
根が溶液に浸っている状態を作らなければなりません。





ペットボトルを使用したものは、ある程度成長すると
ハイドロカルチャーの様な土が必要になりますが

100均で揃える事ができ、スポンジが付いたまま土に入れます。


もっと収穫数を上げたい場合には、

タッパーやトレーなどを使って
水耕栽培キットを作って挑戦してみましょう!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索