スーツ 洗い方

トレンド豆知識

スーツの洗い方や干し方!洗濯機と手洗いのポイントや注意点


スーツの画像

スーツも今では水洗いが出来る
ウォッシャブルタイプがありますが、

洗濯表示に手洗いなどの「水洗い可能の表示」があれば
家庭で洗う事が出来るのをご存知でしょうか?


ご家庭で水洗いできれば
清潔で清々しくスーツを着る事が出来ます。

スーツの洗い方について、
ポイントを押さえてご紹介したいと思います。


Sponsored Links




洗濯機でのスーツの洗い方や手洗いするときのポイントは?


スーツを洗う前にまず洗濯表示を確認しましょう!


「手洗い」「洗濯機洗い」
可能であればご家庭で洗う事ができます。


ただし、スーツはデリケートな素材であるため、

形崩れをおこさないように
短時間で洗い上げるようにしましょう


あらかじめ洗濯機や洗面器などに水を張り
ホームクリーニング用の洗剤
溶かしておくと縮みを防いで洗うことができます。


シミや汚れがある部分には
洗剤を直接馴染ませておきましょう。

スーツや制服のテカリの原因!取る方法は?



洗濯機で洗う場合には、

必ず畳んで洗濯ネットに入れ、ドライおしゃれ着洗いコースを
選択し生地の摩擦を極力抑えるようにします。


手洗いの場合も
必ずネットに入れ、水を張って洗剤を入れるまでは同じく、

洗い方は20~30回の押し洗いの後、
水を変えて押し洗いしながらすすいでいき、

脱水だけは洗濯機で行いましょう。

手洗いで洗濯や脱水をする方法!すすぎのコツ


脱水は回し過ぎると
衣類が硬くなりシワが付き易くなるので、

回り始めて長くても1分程度で止めて
直ぐに取り出してハンガー掛けにします。

服のしわの取り方!しわを付けない洗濯方法


Sponsored Links



スーツの干し方の注意点!


洗いあがったら直ぐにハンガーにかけましょう。

スーツを購入した際に付いて来た
肩まで厚みがあるしっかりとしたハンガーが

ジャケットの肩に合っている場合には
干す際もこれを使用します。


肩の位置まで届いていなかったり華奢なハンガーであると、

おかしな部分に出っ張りが出たり
形を崩してしまうので注意しましょう。




ズボンは筒状にして風の通りがよい様に、
洗濯ハンガーなどで止めて乾かすとよいでしょう。


直射日光で乾かした方が直ぐに乾くイメージですが
急激な乾燥は衣類の縮みに繋がり、

さらには衣類焼けによる色あせを起こしますので
必ず陰干し室内干しを行います。

部屋干しの臭い3つの原因と2つの対策!





スーツの洗濯仕上げのアイロンも大事!


仕上げはアイロンがけですが、
やや湿っている状態の方がシワが伸び易いです。


必ず当て布をあてて、スチームをかけながら
押し付けずにさらっと当てて行く事で

テカリも出ずアイロンをかける事が出来ます。

ネクタイのテカリやしわを伸ばすアイロンのかけ方!




 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索