胃薬 副作用

トレンド豆知識

胃薬による副作用!飲み続けると太る!?母乳への影響は?


a7e70d1a1ff6e76e271ce40860c70229_s

胃の具合が悪くて
長く胃薬を飲み続けていませんか?

薬はあまり飲み続けてしまうと色々な支障を来すといいます。

胃薬による副作用とはどんなこと?
飲み過ぎは太る?めまいやかゆみも実は副作用?

これらの疑問についてまとめてみました!


Sponsored Links




胃薬を飲み続けると副作用に下痢や吐き気、めまいがする?


胃薬に限った訳ではありませんが、
薬は期間や用量を守った上で使う事が大切です


胃が痛い、胃がもたれる、胸焼けが・・・

症状は色々ですが
その度に常に胃薬を飲むのは大変危険です。


胃薬は胃酸を抑えるタイプや
痛みを抑えるものなど種類がありますが、
その度に胃に負担がかかってきます。


症状が軽くしたり改善するのものなのに
負担がかかるというのもおかしいと思われますが、

一時的な服用であればそれほどではないですが、
継続していれば無理に症状を押さえ込んでいるだけで負担になります


それにより便秘や肌荒れ、口臭やアレルギー体質。

体質によっては薬の作用により胃に血液が集まり
脳の血液量が減少して眠気やめまいを伴う事もある様です。


Sponsored Links



胃薬の飲み過ぎは太る?母乳への影響や副作用は?


胃薬の種類はいろいろとありますが、
その中でも常用することで太る傾向がある胃薬があるとか。


消化を助けるために胃を活発にさせたり、
消化酵素を補うタイプは消化を進めてしまう分、
腸の吸収も高めるため結果として太る事があるそうです



他にも何かと心配になる授乳中の薬の服用ですが、
母乳育児の場合の影響も気になるところ・・・。


有名な成分は「ロートエキス配合」ですが、
授乳中に服用した場合に母乳の出が悪くなったり、
他にも赤ちゃんの脈が一時的に早くさせてしまう働きがあるとか



もしも市販薬で胃薬を購入する場合には、
授乳中であることを伝え安心して飲める物を購入するか、
医師の診断から処方薬を出してもらうのが良さそうです。


なお、胃薬を常用している場合は
生理遅れも副作用の1つにあります。

プロラクチンというホルモンが増加してしまうことで
遅れてしまう事もある様です。

緊張による腹痛や胃痛はなぜ?


ストレスによる胃痛の場合、おすすめの胃薬は?


常に胃に不調を抱えているならば、
早々に病院で診てもらい改善させる方向がおすすめです。

しかし、ストレスによる胃の不調が続く場合、
簡単にストレス発散と言われてもそうはいきませんよね。


薬には副作用がつきものであり、
常用できる胃薬はないに等しいとも・・・


ストレスによる胃の不調は大きな悩みですが、
薬では心の改善はできません。

常に続けられるものとして
「腸まで届く乳酸菌」の摂取程度に留めた方がいいです


ストレスでの胃の不調は心から来ている事なので、
出来る限り考え過ぎない様にしたり、
楽しみを作ることしか無さそうです。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索