産後 食事

トレンド豆知識

産後の食事で注意する食べ物は?母乳に影響が出るものは??


産後のイラスト

産後のママは体力が回復していなかったり、
赤ちゃんのお世話や授乳などで

なかなかバランスよい食事を摂れないことがあります。

しかし、自身の体や母乳のことを考えると、
産後の食事を疎かにはできません。


今回、産後の食事についての注意点や、
影響などについてお話ししたいと思います。


Sponsored Links




里帰りしないときの産後の食事で気を付けることは?


里帰り出産であれば、
産後の育児や食事の面で協力してくれる家族がいるので
体力回復も良好で、気持ちに余裕もできます。


しかし、中には里帰りはせずに出産し、
産後の母体が回復していないうちから家事と育児に追われ、

睡眠不足から体力的にも精神的にも
大きな負担となっている方も多くいらっしゃいます。



体調が優れない中での赤ちゃんの授乳や入浴、
買い物、食事の支度、洗濯などの家事全般など、

無理を重ねると母乳の出も悪くなり
自身の産後の肥立ちも悪くなってしまいます。



毎日、店屋物や買ってきた惣菜やお弁当では
栄養バランスも心配ですし、

新生児を連れての外食もままならず
経済的にも大きな負担となり
悩まれているママさんも少なくありません。



体調のよい朝などに常備菜
たくさん作ってストックしておいたり、

ネットスーパーや生協など食材の宅配や
半調理済みおかずなどの宅配コースを利用して
家事は上手に手抜きするようにしましょう。





母乳育児の場合にはとかく
お腹が空き、のども乾きますが、

なるべく菓子類や清涼飲料水は避け、おにぎりや果物、
野菜ジュースなどに留めておきましょう。


ただし、糖類、脂質、炭水化物の
過剰摂取とならないように気を付けます


妊婦さんにとって危険な食品は??


産後の食事で注意する食べ物は?


産後の食事には注意したい食材があります。

食品添加物の入ったものは食べないという訳ではなく、
量を減らすといった方向で考えましょう。


母乳を通じて影響を及ぼすものとしては、
アルコールカフェインの入った飲み物!



アルコールは母乳を通して赤ちゃんへと入り、
アルコールの分解力が低いため肝臓への負担がかかります


また、カフェインの場合は、
赤ちゃんの不眠や興奮状態といった恐れがあります

たんぽぽコーヒーの効能で母乳が増える?



アルコールは控え、カフェインの入っているものは、

コーヒーならカフェインレス(デカフェ)や、
お茶なら麦茶などに変えてみましょう。

麦茶ダイエット方法!その効果は?



他に言えば産後太りから肥満へ繋がる事も多く、

そうした面で高カロリーなものや脂質を含むもの、
高GI値の高い食材は過剰摂取しない様に注意しましょう



時間がないのでついつい丼ものにしてしまう!

といった場合もご飯の量を加減し、
野菜を使用した具材を乗せるなど工夫しましょう。

授乳中に飲める薬は?抗生物質の服用も影響するの?


Sponsored Links



食後のデザートは危険?母乳への影響は?


脂質の多い食事は母乳育児の場合、
母乳に脂肪が多く含まれる様になり、

乳腺を詰まらせ乳腺炎になるといった
トラブルに見舞われることが多々あります。


また、糖分を多く摂り過ぎると
ママの産後太りだけでなく、母乳が甘くなり過ぎて、

赤ちゃんが果汁や白湯を嫌がる傾向にあり、
その後の離乳食が進め難くなることがあります。

授乳中にチョコレートは湿疹のもとになる!?


産後のママさんだっておやつは食べたい!

そんな時はケーキやドーナツ、スナック菓子などは避け、

寒天ゼリーやところてん、
ヨーグルトなどに切り替えてみましょう。


また、どんなものでも食べ過ぎには注意しましょう!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索