低血圧 立ちくらみ

トレンド豆知識

低血圧で立ちくらみが起きる原因と改善するための対策は?


立ちくらみのイラスト

朝の目覚めから、
なんとなく体が重く疲れが取れていない

・・・おまけに立ちくらみ

以外と軽く観られてしまう『低血圧』


すぐに命に関わるという症状ではありませんが、
この症状の原因とは?予防は??

今回は低血圧による立ちくらみについて解説しましょう。


Sponsored Links




低血圧による立ちくらみが起こる原因は?


低血圧の症状は立ちくらみ以外に

怠さ、肩こり、頭痛、耳鳴り、胃もたれ、吐き気、発汗、
さらに動悸や不整脈といった多くの症状があります。


それぞれ起こると辛い症状ですが、
ご自身が低血圧であることに、
気付かれていない場合があります。


低血圧の原因は、血液の循環が悪い事!

末端まで血液を送る力が弱く、
再び心臓へ血液が戻らない事で起こります



例えば、朝のラッシュ時間帯に込み合う電車に乗車し、
車内の暑さや人どうしの圧迫で心拍数は上がるものの、

うまく血液が巡らないために頭痛や立ちくらみ・
吐き気などをもよおすといったことがあります。


Sponsored Links



低血圧の症状が起こる数値はいくつぐらいから?


では、血圧の数値がどのくらいで
『低血圧』というのか?


『低血圧』の反対に『高血圧』がありますが、
こちらと比較すると国際的に基準がなく、

日本では、最高血圧(収縮期血圧)が
『100mmHg以下』を目安にしている病院もあれば、

『110~80mmHg』『110~100mmHg以下』
目安にしている病院もある様です。


つまり、はっきりした基準が定められていません



低血圧の症状が日常的に起きる場合には、
定期的に血圧を測定し、

常に110mmHg以下である場合は、
検査を受けるようにしましょう。


低血圧の立ちくらみ予防や改善は方法や効果的な食べ物は?


低血圧の予防、改善といえば
“血流をよくする”ことです


低血圧の方はどうしても
朝からしんどく、朝食を抜きがちで、
きちんと食事をしていないという事が非常に多いです。


たくさんではなくてよいので、
タンパク質や不足しがちであるミネラルや、
必要量の塩分を摂る事が必要です



肉類や魚、豆腐を含む豆製品、野菜や果物、
海草類といったものを積極的に摂る様に心がけましょう。



また、1リットル程度の水を飲むということも
血液の量を増やす事につながります。


ただし、場合によっては
むくみが出るといったこともありますので、
そうした時は、量を減らしましょう


むくみ解消に効く食べ物や飲み物は?



そして、低血圧の方は疲れやすいので、塩分と
疲労回復によいクエン酸を積極的に摂ってみましょう。


『梅干し』がとてもよいので、
食事の時に取り入れてみてください。


不眠なども伴う方もいらっしゃる様なので、
眠る前に少しぬるめのお風呂にじっくりと浸かり、
血流をよくするという方法もあります。


これもまた、個人差によっては
動悸やめまいの助長をさせる方もいるので
無理はせず、こうした症状が起こらない程度に。

のぼせる症状は鼻血や嘔吐が!?


もしくは足浴半身浴も効果があります。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索