ブーツ 洗い方

トレンド豆知識

レッドウィングやスウェードブーツなどの洗い方!合皮も洗える?


6b61be79617b4f9e215080e9cbc1c8a9_s

ブーツといえば秋冬のファッションアイテム!

しかし、ブラシなどでは落ちない汚れも出て来て、
さらに通気性が悪いので臭いがすることが・・・。

ブーツは洗う事はできないの?


そこで今回はブーツの洗い方について
ご紹介したいと思います。


Sponsored Links




レッドウィング・ブーツの洗い方!臭いやカビを取る方法は?


シーズンを迎えて箱からブーツを取り出したら、
嫌な臭いカビがびっしりはえてたりする事があります。

臭いに関してはシーズン中でも起こりえること!


固く絞った布などでカビを拭き取って、
カビ取りクリーナーを塗っておいたり、
日陰で陰干しして風通しをよくしようと思われますが、

雑菌やカビの蕃殖が過剰になっている状態で
それだけでは落としきれません


ブーツの臭い対策に!手入れ方法や臭い取りは?


そんな時には思い切って
水洗いすることをおすすめ

レザーも水洗いする事ができます。



サドルソープ(皮革用石鹸)を用意します。
ブーツ以外にも革小物のクリーニングにも使えます

革財布の汚れの落とし方!




ブーツに着いているホコリをブラシなどで払います。

その後、水を含ませサドルソープをよく付けて
泡立てたスポンジでブーツ全体を優しく洗います。


流水で洗い流して風通しのよい所で
陰干しでゆっくりと乾かし、
仕上げに皮革用のクリームをしっかり塗ります。


ただ、スウェードやエキゾチックレザー、
アニリン革は使用できないので気を付けてください。


Sponsored Links



ティンバーランドやスウェードブーツの洗い方は?


皮革を毛羽立たせた風合いが魅力のスウェード

人気のクロックスやティンバーランドのブーツに多いですが、
他の皮革と異なりお手入れに注意が必要です


スウェードは水濡れに弱く
シミや硬化してしまうので雨の日や雪には注意です。


スウェードは専用クリーナーがありますが、
それでも汚れが落ちない場合は
最終手段で水洗いをせざるおえません。



まずは毛並みに逆らう様に
ブラッシングで汚れを落としていきます。


その後、水に浸したスポンジで満遍なく
ブーツに押し付ける様に水を含ませていきます。

スポンジに汚れを吸い取らせる様にしたら
スウェード専用シャンプー
ブラシに付けて優しく丸洗いを行います。




型値崩れしやすいのでシューキーパーを入れ、
風通しのよい場所で陰干しで乾燥させましょう。





UGG(アグ)などムートンブーツや合皮の洗い方は?


人気のUGG(アグ)やemu(エミュ)などのムートンブーツ

温かくて特に若い方は冬のアイテムとして
取り入れる事も多いと思います。


ムートンブーツはブラシで汚れを落とすだけでも
十分に落とす事ができます



ブラシで落ちない汚れにおいては、
消しゴムで落とす事も出来ます。


丸洗いする際には基本はスウェードブーツと同じ

ムートン専用洗剤が無い場合には
オシャレ着洗剤でも洗う事ができます。


乾いた後にはきちんとプロテクターをかけて
ブラッシングするとよいでしょう。


なお合皮においてもオシャレ着洗剤で
洗う事ができ、乾かし方も同じです。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索