ピーマン 育て方

トレンド豆知識

プランターでのピーマンの育て方!整枝や摘芯を行うタイミングは?


a9fc9072596cc73a6bec10e31a42092f_s

家庭菜園も今ではポピュラーになりましたね!
夏野菜の1つである「ピーマン」を育ててみませんか?


ピーマン嫌いのお子さんがいる場合に、
自分で育てたピーマンから好き嫌い克服出来るチャンス!

プランターでも育てられるので、
ぜひ気軽に育ててみましょう!

今回はピーマンの育て方についてお伝えします。


Sponsored Links




プランターでのピーマンの育て方!種植えや支柱を立てる時期は?


初心者さんの場合はいきなり畑ではなく、
まずはプランターから育ててみませんか?


お庭がないご家庭でも、
プランターであれば育てる事が出来ます。

まず用意するものは、
プランターと野菜用の培養土


そして種からではなく、を購入しましょう!

植え付け時期は温かい地域であれば5月初旬、
中間地で5月中旬、寒冷地は5月下旬に行います。


ちょうどこの時期ならホームセンターなどでも
苗の販売がされています。



から植える場合には3月下旬~4月上旬に!

まずは苗を育てて植え付け時期になったら
プランターに移す様にします。


プランターは60cmくらいからのサイズを選び、
根を深く張るので深めのものをご用意。


水はけをよくする為に、底に石を敷き詰めてから
土を入れて株の間は20cmは離して植え付けます。


植え付けたら水をタップリと与え、その後は土が乾いたら!
夏は朝と夕方に行ってください。


植え付けてから2週間程度経過したら支柱を立てます

一番上の花の上に枝分かれしているそれぞれを
支柱に固定してあげるとしっかり定着します。

ピーマンの栄養や効能、カロリーは?



Sponsored Links



ピーマンの整枝や摘芯のやり方は?


整枝は必要なありません。
葉が茂っている様であれば間引く程度で充分です


ピーマンは花の部分から枝分かれし育って行くのですが、
その部分の近くから脇芽が生えて来ます。


育ちがよくなる様に脇芽を摘む摘芯を行うのですが、
「一番花=一番果」のついているところから!

下に脇芽が出て来るので、
小さいうちに摘み取ってやる必要があります。


すると株が大きく育ちます。

そのままにしてしまうと葉が混み合ってしまい
害虫が発生する原因となってしまうので注意しましょう。


ピーマンの育てる時に気をつけるべき害虫や病気は?


ピーマンがかかる病気は
モザイク病や黄化エソ病という病気があります。


モザイク病はアブラムシがウィルスを運んで
起こってしまうのでアブラムシ対策が必要です。


他にもハダニが付きやすいのです、
苗を植え付ける際に薬剤を散布するか、

薬剤の使用に抵抗がある場合にはシルバーテープ
茎の上部に巻き付けるなど対策を行う様にしてください。




それというのもアブラムシは光るものが苦手!

そのため光に反射するものを貼っておけば、
作物には近寄る事が出来ないのです。


支柱で四方を囲んでシルバーテープを
張ってしまうという方法もあります。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索