メガネ 跡

トレンド豆知識

メガネをかけた時にできる鼻のへこみ跡対策や色素沈着を消すには?


名称未設定-1

メガネの跡はなかなか消えなく、

一時的にかけているだけならよいですが、
常に身につけていると色素沈着を起こす事ありますよね。


今ではオシャレでもかけるメガネ、
跡は残したくない・・・。

へこみなどの対策方法をご紹介します。


Sponsored Links




鼻にできるメガネのへこみ跡対策には防止パット!?


メガネやサングラスをかけて、

鼻に跡が付いてへこみが出来やすい人には、
鼻の付け根が低く細い東洋人に多い様です


の付け根以外に頬骨あたりにも
跡がついてしまうことがありますが、
そうした跡をつけない様にするにはどうしたらよいか?


メガネを固定するための
鼻パットの位置に問題がある様です。



鼻にきちんとフィットしていないために

鼻パット部分に強く圧力がかかっているのが原因なので、
メガネ店で調整してもらうと解決します。


他にも鼻の部分に保護する為のパットがあるので
そうしたもので補強する!

といったことで回避することができます。


まずは購入した眼鏡屋さんで
調整してもらったり相談したほうが早いですよ!

メガネやコンタクトをつけると疲れる原因!


Sponsored Links



メガネ跡による色素沈着を消す方法は?


メガネの跡が茶色くなってしまっている方!

特に視力を補強する為にメガネを
着用している方に多くいらっしゃると思います。


鼻のパットによって皮膚に圧力がかかり
それにより刺激となってメラニン色素が定着し、

いわゆるシミみたいな状態になります。



冷え性や老化など血行が悪い場合に起こしやすく、
メガネの使用を中止する事や、

漂白する様な美白化粧品の使用などで
改善を促す様にケアする必要がありますが、

なかなかメガネの使用を中止するには
難しい場合があると思います。


出来るだけ軽減させるには、
メガネのフレームやレンズが軽くなる様にするか、

メガネのパッドをシリコン製にするなど
ちょっとした変更を行うことで軽減出来る事もあります。



もしくはコンタクトレンズの使用を合わせて

出来るだけメガネの重さで
負担をかけない時間を設ける事も必要だと思います。

メガネをかけると鼻あてや耳・こめかみが痛い原因!


メガネの跡の色素沈着をハイドロキノンで改善するときの注意点


色素沈着を改善するものに、

メラニン色素を強く抑制する成分に
ハイドロキノンがあります。




メラニン色素を合成するチロシナーゼを阻害し、

すでに出来てしまったものへの還元作用、
メラニン色素を作り出すメラノサイトの動きを抑制するなど。


やや鼻の黒ずんだ部分よりも
広めに塗って使用するのがポイント。


ただ、かなり強力なのでかぶれやアレルギーを
引き起こす可能性もある様です。



また、視力改善という根本なところに
レーシック」がありますが非常に個人差が広く

さらにリスクも伴うので病院選びや医師の
口コミや情報の収集から始まり信頼出来るかどうか?

細かなリサーチをしてから行う必要性があると思います。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索