2014 春分の日 意味 いつ 献立

トレンド豆知識

2014年 春分の日はいつ?料理や献立は??


a1400_000291

春分の日とは
『自然をたたえ、生き物をいつくしむ日』として
昭和23年に制定された国民の祝日です。

昨年2013年は3月20日が春分の日でしたが、
2014年は3月21日が春分の日となります。

また、秋分の日と同じように、春分の日を
挟む前後7日間のことをお彼岸と呼び、

精進料理と呼ばれる料理を作って仏前にお供えしたり、
家族で食べたりするのが習わしです。

ここでは、なぜ春分の日は年によって変わるのかや、
精進料理とはどのようなものかをご説明します。

Sponsored Links



なぜ春分の日は毎年違うの?決め方は??


2014年は3月21日、2013年は3月20日、2012年は3月20日、2011年は3月21日…
というように、春分の日は年によって日付が変わってきます。

どうしてだかご存知ですか?

これは、政府や国立天文台の勝手に決めたりしているのではなく、
きちんとした天文学的理由があるのです。

詳しくは国立天文台のサイトを見て頂きたいのですが、
簡単にご説明するとこういうことです。

1年は正確には365日と6時間あり、太陽が春分点を通過する瞬間が
6時間ずつ毎年ずれていくので、春分の日も変わっていくのだそうです。

そのずれは、4年に一度のうるう年に修正されます。
ちなみに秋分の日もこれと同じ理由で毎年変わります

国立天文台ではすでに2030年までの春分の日と秋分の日の日付を
予測し発表しています。

Sponsored Links



春分の日のお彼岸料理・献立


春分の日(お彼岸)に食べる代表的なものと言えばぼたもちです。

丸めたもち米の周りをあんこやゴマ、地方によっては
ずんだなどでくるんで食べます。

ぼたもちは「牡丹餅」と書き、牡丹(ぼたん)の花の季節である
春に食される料理です。

ちなみにおはぎ」は萩(はぎ)の花の季節である秋のお彼岸の料理です。

また、お彼岸に食べられる精進料理は、主に野菜や乾物類を使い、
だしもシイタケなどの精進だしを使います。


精進料理ギフトセット【全素食】ベジタリアン素食生活に最適

これは殺生禁断の仏教の教えからきているものです。

春のお彼岸には、タケノコやふき、菜の花や山菜、わらびなど
春に採れる食材を使って作ります。

作られる料理は地方や家庭によって違ってきますので、是非お母さんやおばあさんに教えてもらい、地方・家庭の味を大切に守りましょう。

もし、本格的な精進料理を学びたい場合は、たくさんのレシピ本や精進料理教室があるので、是非利用してみることをお勧めします。

⇒ 【送料無料】はじめての精進料理 [ 高梨尚之 ]

春のおいしい食材を使ったおいしいお彼岸料理、家族みんなで楽しみましょう。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索