カカオ 栄養

トレンド豆知識

カカオの栄養や効能にはダイエット効果も!?食べ過ぎによる影響は?


39feefe917701cb44c6977d706ac25d2_s

甘いチョコレートは、大人から子供まで
みんなに愛されるスイーツの1つ。

疲れた時に食べると気分が落ち着き
疲れが取れるような気がしますよね。

実はチョコレートって
昔は薬として食されていたことをご存知ですか?

美味しいだけじゃない!
驚きのカカオの栄養や効果に迫ります!


Sponsored Links




チョコの原料カカオ豆に秘められた栄養成分や効能は?


私たちが普段食べているチョコレートは、
カカオ豆を原料として作られています。


焙煎したカカオを細かく砕き、
すり潰したものにミルクや砂糖を加えて作ります。

今でこそ認知されているチョコレートですが、
その起源は古代文明の頃にまでさかのぼります。


古代アステカ人やマヤ人達は、
カカオ豆をすり潰した飲み物をとして飲んでました。

当時は大変貴重な飲み物で、
原料のカカオ豆はお金と同じくらいの価値がありました。


「良薬は口に苦し」と言いますが、
当時のチョコレートはミルクや砂糖は一切入っておらず、
カカオ豆の苦味たっぷりのものだったそうです


1900年代に入ると薬としてではなく、
甘いお菓子として人々に浸透するようになりました。



薬としてのチョコレートには、
滋養強壮や疲労回復、長寿の効果があるとされてました


カカオの栄養には
ポリフェノール・食物繊維・ビタミン・ミネラルなど


ポリフェノールは抗酸化作用があり、
アンチエイジングの強い味方です。

生活習慣病や動脈硬化を抑制する働きもあります
さらにリラックス効果がありストレスの緩和も期待できます。


食物繊維ビタミン・ミネラル
腸内環境を整えたり自律神経を整える効果があります。

その働きによって美肌効果や便秘解消、
免疫力の向上などの効果が得られるのです。


そしてカカオにはテオブロミンという物質が含まれています。

このテオブロミンは他の食材にはあまり含まれていない栄養素で、
カフェインと同じように覚醒効果をもたらします。


さらにカフェインよりも穏やかに作用し、
自律神経を整え緊張を緩和しリラックスさせてくれます


脳への刺激によって、
集中力や記憶力を高める効果もあります。

ココアの栄養や効能!副作用やカフェインは?



Sponsored Links



カカオの栄養にはダイエットにも効果的?


栄養満点のカカオ。

カカオの含有量が高いチョコレートが
最近よく売られていますよね。

このカカオの含有量が高いほど良いわけですが、
含有量が高いほど苦くなってあまり美味しくないです。


しかし、高カカオのチョコレートを食べ続けると、
様々な健康への効果が期待できます。



カカオには免疫力を向上させる働きがあります。
この効果でガンの予防が期待できると研究結果が出ています

チョコレートをよく食べる人は食べない人に比べて
発ガンのリスクが低くなそうです


また、免疫力向上の働きは、
アレルギーやリウマチなどの症状を抑制したり緩和させてくれます。

カカオ豆からチョコレートを作る方法!


さらに女性には嬉しいことに
ダイエット効果まであるんです!


カカオには食欲を抑制する効果があり、
食事の10分前くらいに食べると食べ過ぎを防止してくれます。

さらにカカオに含まれる食物繊維が
食事の脂肪分や糖分を分解してくれるのです


そして食後にもチョコを食べることで
満腹感が得られリラックスした気持ちにさせてくれます。

このリラックス効果は安眠にもつながり
疲労回復・ストレス解消にも役立ちます。

授乳中にチョコレートは湿疹の元?


カカオの栄養効果を得たいのであればミルクチョコレートよりも
カカオ含有量の高いチョコレートの方がおすすめ。

初めは70%くらいの含有量のものから
食べてみることをおすすめします。




カカオの食べ過ぎによる影響は?


美味しくて健康にも美容にもいいチョコレート。
しかし、これはあくまで高カカオチョコレートを食べた時の話です。

甘いミルクチョコレートをたくさん食べても、
残念ながら効果は得られません。


高カカオチョコレートだから大丈夫!
・・・と思って食べ過ぎるのもNG

チョコレートの食べ過ぎで鼻血が出るのはなぜ?


実は高カカオチョコレートの方が
ミルクチョコレートよりも高カロリーなんです。

1日に食べる量としては、
50g(板チョコ半分くらい)を目安に食べましょう


食べ過ぎると体には毒になってしまいます。

カロリーの摂りすぎになることはもちろん、
過剰摂取によりアレルギー反応を引き起こしてしまったり、
興奮状態になり攻撃的になってしまう可能性もあります



また、血管を収縮させる働きで、
頭痛などの原因になることも・・・。

なんでも食べ過ぎるのはよくないですよね。


高カカオチョコレートも少しの量を、
何回かに分けて味わいながら食べるようにしてみてください。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索