喪中 お中元

トレンド豆知識

喪中期間のお中元を贈るマナー!贈る時期やのし、表書きに注意!


a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

日本の古くからの仕来りである「お中元」
ただ、喪中の際に送ってもよいのか?

「喪中」もまた古くより
日本に残る葬祭時の仕来りです。


喪中時は何かと慎むものがあり、
逆にお中元を贈る際に相手側が喪中であると
わかっている場合にも悩みますね。


今回は喪中時のお中元について!
知っておきたい事をまとめました。


Sponsored Links




喪中期間にお中元を贈るのはマナー違反?


お中元は日頃お世話になっている方へ
お礼と季節の御挨拶です


日頃の感謝を贈りたいけど、うちは喪中・・・とか、

相手が喪中であるといった場合には、
贈るべきか贈らないべきかと悩みますよね?



お中元は感謝を伝えるものなので、
贈って問題はないものとされています


もちろんお歳暮も同様に一年のお礼を伝えるものなので、
贈ってもいただいても何も問題がありません。


また、喪中の期間は多少地域性によっても
異なりますが、続柄によっても期間が異なります。


喪中の期間

・父母、義父母・・・12~13ヶ月
・夫・・・13ヶ月
・妻・・・90日
・兄弟、姉妹・・・90日
・祖父母(父方)・・・150日
・祖父母(母方)・・・90日
・おじ、おば・・・90日


喪中時に行ってはいけないもの
冠婚への参列やお正月の初詣などといったものです。


本来、喪中は故人への想いを偲び気持ちの整理などで
”自分自身の気持ちの問題”であるものです。


合わせて言えば誕生日や入学祝いなど
自身の場合にはささやかでも行っても構いません。

さらに周りの方のお祝いにささやかながら
行うのも問題はないとしています。

喪中期間にしてはいけないことは?


Sponsored Links



喪中期間にお中元を贈る時期には注意が必要!?


お中元を贈る事、いただく事は問題はありませんが、

贈る時期には注意した方がよいという考えと、
注意しなくても通常通りでよいという考えがあります。


特別何か、国で決っているものではないので、
こうしたグレーな内容は非常に悩むのですが、

気持ちを伝えたい!
という日本の義理人情の表れでもあります。


少なからず相手に感謝の気持ちがあればの行動・・・
そのため、とっても困るのです。



色々と意見を見て来ましたが、
一般的には「四十九日」を目処にするのが良さそうです


ご不幸以降、間もなくであれば控えた方が無難ですが、
何かと相手に負担をかける事もあります。


時期をずらすとなればお中元の場合には、

・暑中見舞い
・残暑見舞い


として贈るとよいでしょう。

残暑見舞いの時期はいつ?過ぎたらどうする?


喪中期間はのしや表書きの書き方やマナーも違う!?


四十九日を迎えた後とはいえ、

やはり喪中の場合にはちょっとした
気は使わないといけないのが「のし」


通常であれば紅白の水引が蝶結びになっている
のしを使用して「お中元」という表書にします。


喪中の場合にはやはりこの紅白は祝い事に繋がるので
「のしは使わない」がマナーです

お中元のお返し!金額の相場やお礼状の書き方



喪中時については無地の奉書紙

もしくは白い短冊に四十九日を迎えていて
贈る場合には「お中元」という表書きでよいです。




時期をずらして贈る場合には、
「暑中御見舞い」「残暑御見舞い」という表書きにしましょう。


贈る際に店舗に喪中であることを伝えれば
適した無地ののしを用意してくれます。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索