甘酒 効能

トレンド豆知識

米麹と酒粕の甘酒に含まれる栄養や効能!効果的な飲む量はどれくらい?


甘酒の画像

「甘酒は体にいい」といいますが、
実際どの様な効果があるかご存知ですか?


古くから飲まれているものですが、
きっと今の時代まで続くには、きちんと理由があるはず!


今回は甘酒の効能について注目していきたいと思います!


Sponsored Links




米麹と酒粕の甘酒に含まれる栄養や効能は?


甘酒は冬場に飲まれることが多いですが、
江戸時代には夏場の暑気払いでも飲まれていました。

つまり200年以上前に既に夏バテ予防の効能が
認められていたということですね。


近年では「飲む点滴」などと呼ばれるにも
その効能と繋がる部分があります。



甘酒に含まれる栄養は、

ビタミンB1、B2、B6、葉酸、オリゴ糖、
食物繊維、グルタミン酸やアルギニン、システイン

といったアミノ酸、コウジ酸とブドウ糖といったもの。


これは米麹で作られる古くからの甘酒で、

酒粕で作られる甘酒には
ブドウ糖ではなく砂糖によるショ糖です





食物繊維の量は酒粕の方が多い様ですが、

発酵させて作る米麹の甘酒の方がオリゴ糖や
発酵食品という点で体にいいとされています。


ブドウ糖による速やかな疲労回復や
病後の回復期・風邪をひいた時の体力回復

脳の働きやビタミン類やアミノ酸による体の代謝の活性化、
美肌やダイエットなどにもお勧めです。



他にコウジ酸の働きで頭皮の若返りや

ビオチンという成分が
コラーゲンなどたんぱく質の生成を助けるので、

美肌効果は元より美髪の効果も期待できます

甘酒と玄米甘酒の違い!白酒やどぶろく、マッコリとも違う?


Sponsored Links



甘酒のカロリーは?飲む量はどれくらいが効果的?


甘酒のカロリーは100mlで81kcalが目安ですが、
砂糖の量や米麹の量などでも差があります。


ただ、米麹で作った甘酒は、

お米のツブツブ感があり甘いお粥の様で、
ゆっくりと噛んで食べれば満腹感を得る事が出来ます。


体にいいので多く飲んでも害はないものですが、
200mlも飲めばご飯1杯分に相当します。



ダイエット等では朝のご飯の置き換えとして
マグカップ1杯程度とるとよいですが、

美肌の面では眠る前に飲むとよいと言われています


眠っている間に行われる肌の生まれ変わりに
甘酒の栄養成分が細胞に働きかけてよい作用をします。


飲み物の代わりに飲むのであれば100mlを1日1杯
他の食事との折り合いで飲めばいいと思います。

甘酒の保存方法!保存期間はどれくらい?





自宅で簡単にできる効能たっぷりの甘酒の作り方!


酒粕で作る甘酒は酒粕をちぎって煮溶かし、
砂糖を加えるだけと簡単ですが、

せっかくなら体によい米麹を使った
炊飯器で出来る甘酒をご紹介しましょう。



材料

米(家にあるものでよい) 1合
乾燥米麹  200g
お湯  500cc
水  2合のライン


作り方

1.お米を1合と水を2合分入れお粥を炊き、
   乾燥米麹は袋の中でざっと揉みほぐしておきましょう。


2.お粥がたけたらスイッチを切り、
   軽く混ぜて蓋を開けたまま10分程置き、

   温度を55度程度まで下げて麹を入れて混ぜましょう。


3.別鍋に300ccの水で沸騰させ、
   そこへ200ccの水を入れたものを炊飯器に加え、

   保温を入れ炊飯器は開けたまま布巾をかぶせ
   薄い黄色っぽい感じになれば5時間程で完成します。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索