甘酒 保存

トレンド豆知識

手作りや市販の甘酒保存方法!冷凍・冷蔵の保存期間はどれくらい?


甘酒の画像

甘酒は栄養がありマクロビでは、
米麹甘酒は砂糖の代わりにもするほど!

活用法も色々あるので作り置きしておくと
おやつ代わりにもなって便利です。


しかし、甘酒の保存方法ってどうしたらよいでしょうか?
冷蔵ではどれくらい?冷凍って出来るの?

今回は甘酒の保存についてご紹介したいと思います。


Sponsored Links




手作りの甘酒の冷蔵保存方法や保存期間は?


甘酒は米麹で作る方法と酒粕で作る方法があります。


マクロビや健康・美容・ダイエットには
米麹で作る甘酒がおすすめです。

米麹と酒粕の甘酒に含まれる栄養や効能!


その保存ですが、まず煮沸した保存用の瓶や
タッパーに冷ました甘酒を入れて冷蔵庫で保存。


出来上がった米麹甘酒を
再度、鍋に入れて中火で加熱をします。


一煮立ちさせてから保存すると

冷蔵庫で2週間~1ヶ月程保存することができ、
甘みも強まり香りがよくなると言います。

火を入れない場合には1週間程で酸味が出ます


酒粕甘酒の場合は数日で飲み切るのであれば冷蔵庫で保管、
乳酸菌の発生で酸っぱくなるので早めに消費しましょう。

甘酒は検問で飲酒運転になるの?






甘酒は冷凍保存も可能!そのやり方や保存期間は?


酒粕で作った甘酒に関しては
冷凍で保存することができます。

ジップ付きの保冷用袋に入れて
平らにして冷凍しましょう。


米麹で作った甘酒に置いても同様、

たくさん作って飲み切れない場合には
火入れをしてもしなくても冷凍は可能です。


冷凍では菌の働きも休むので発酵はせず、
保存期間については3ヶ月を目処に。



実際にはもっと保存はできますが、
冷凍庫も開け閉めで温度変化があり、

それによって劣化したり冷凍焼けを引き起こすので
おおまかな目処として3ヶ月としています。


冷凍保存も過信し過ぎは禁物です!


冷凍用袋での保存でもよいですが、
酒粕・米麹いずれの甘酒であっても

製氷皿で小分けにしてから冷凍し
ブロック状にしておくという方法も良さそうです。



飲む時は自然解凍し、温めて飲む場合には
60度程度に温めて飲む様にしましょう。


麹菌は70度以上で死滅してしまうので
沸騰させないのがポイントです。

甘酒の温め方やアレンジした飲み方!



Sponsored Links



市販の甘酒の保存方法は?


市販の甘酒を保存する場合ですが、

その多くは加熱処理が行われていると思うので
冷蔵保存でも多少の日持ちはすると思います。


ただ加熱処理がされていないものは
数日の間に飲んでしまったほうがいいですね。


冷蔵庫に入れて置いても乳酸菌による
酸味や発酵を止める事はできません。


これもまた数日で飲み切れない場合には
冷凍保存のほうがよいでしょう。



甘酒を活用したレシピも多くあり、

家庭でパンを焼かれている方は
水分の代わりに甘酒を入れてみたり、

ゼラチンと牛乳を加えてゼリーにしたり、

ホットケーキの生地に混ぜて焼くとふんわりとした
焼き上がりと甘酒の甘みが美味しい1品になりますよ!




 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索