桜 毛虫

トレンド豆知識

桜につく毛虫の種類!発生時期やつかないための対策・予防は?


013010

庭の桜に毛虫がついてしまった!

中には肌に触れると皮膚炎を起こすものもあり、
そうではなくてもなんとなく気持ちが悪いものですね。


につく毛虫の種類や駆除方法など
ご紹介したいと思います。


Sponsored Links




桜につく毛虫の種類は?


桜につく毛虫には複数の種類がありますが、
主なものにはモンクロシャチホコがいます。


モンクロシャチホコは桜の葉を食べて
まる裸にしてしまうことで有名です。


見た目には黒くて黄色い毛が生えていて
幼虫のうちには頭と尾をあげるしぐさから
この名前がついています。


見た目にはグロテスクですが、

人間には特に害はなく、無毒であるので
駆除をしないという場合もあります。


他に割と見かけられるものには、

・ヤママユガ
・ヒメヤママユ
・マイマイガ
・アメリカシロヒトリ
・イラガ
・ドクガ
・ヒメモンシロドクガ
・チャドクガ
  など。


蛾には大まかにドクガ科・イラガ科・カレハガ科と
蛾の幼虫が付く事が多いのが特徴です。


蛾は無毒なものもあれば毒を持つ者もいて、

素人目では判断付きにくいので、
いずれも素手で触れない様に注意しましょう。

桜の花言葉!フランスでは違う花言葉が!?



Sponsored Links



桜につく毛虫が発生する時期はいつ?秋も注意!


桜に発生する毛虫の時期は、
その種類や地域によっても異なる様です。


多くは4月~11月で、

大量発生する時期は6月~8月ですが、地域が異なると
発生時期が7月~9月という地域もあります。


ちょうど梅雨の時期は適度な湿度と気温で
毛虫にとっては最適である様です。



秋頃に発生するものには
「イラガ」が多く日本全国に分布しています。

幼虫の持つ毛が刺さると激しい痛みを伴います。

万が一、刺さった場合には、

水洗いをしセロテープなどで毒針を除去する様に、
そしてステロイドが配合されている虫刺され薬を塗ります。





万が一、痒みを伴う場合には

掻いてしまうと毒が散ってさらに広がるので
決して患部に触れない様にしてください。


1週間程度で完治するものですが、個人差もあるので
治らない時には皮膚科へ行きましょう。

桜盆栽の育て方や手入れ方法!


桜に毛虫がつかないようにする予防や対策は?殺虫剤で駆除できる?


忌避作用があるもので毛虫を近寄らせない!
という方法があります。


トウガラシを焼酎に漬け込んで水で薄めたものや
木酢、竹酢などを水で薄めて散布しておくと

忌避作用により毛虫が近寄らないと言います。





毛虫が発生する以前から週1程度で散布したり、
雨が降ってしまった場合などはその後に散布、

特に葉の裏側の散布も行っておくと良いでしょう。


あまり高くない木で少量みつけた場合は、
割り箸などでつまんで土に埋めてしまうとよいです。



大量であった場合には、

思い切って塊になって発生している枝ごと
切り落としてしまうという方法もあります。


あまり切ってしまえばよくありませんが、
手に負えない程の量であれば一網打尽!

その後、燃やしてしまうとよいでしょう。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索