いよかん 旬 栄養

トレンド豆知識

いよかんの旬な時期はいつ?栄養素に含まれる効果や効能は?


伊予柑の画像

冬は多くの柑橘類の旬を迎えます。

今回ご紹介するのはいよかん

こたつに入ってゆっくり楽しむ!
・・・なんていいですよね。


いよかんの旬についてや、
栄養・食べ方などについてまとめました。


Sponsored Links




いよかんの栄養は?その効能や効果は??


とってもジューシーな伊予柑(いよかん)

気になる栄養ですが、
断トツに多いのが「ビタミンC」です。


100g中の含有量は35mg

レモンなどには及びませんが、酸味よりも甘みが強く
食べ易い点では摂取しやすい柑橘類です。


ビタミンCを100mg摂取するには286g程度食べる必要があり、
一般的なサイズであれば2個食べると摂取できます。





他にもカリウムを190mg、
マグネシウムやカルシウムなどといった
ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます


栄養もさながら有用性分も優れていて、

には香り成分であるリモネンやナリギン、
ヘスペリジンといった精油を含んでいて、

血液の浄化や香りによる働きで交感神経を活発にし、
リラックス効果・血中コレステロール低下、
抗アレルギー作用や発がん抑制効果に期待できます。



他にも疲労回復に役立つクエン酸や、

薄皮には不溶性食物繊維であるペクチン
含んでいるので便秘解消や腸を整える働きがあります。

いよかんの食べ方や皮のむき方!



Sponsored Links



いよかんの旬な時期はいつ?はっさくやみかんなどと比べると??


冬場はいろいろな柑橘類が旬を迎えますが、

まず、いよかんの旬は11月下旬頃より収穫が始まり、
本格的に旬を迎えるのは1月です。


他の柑橘系果物の旬に関しては
早生種などもあるので一概ではありませんが、

目安としては・・・


みかん→10月頃より収穫・12月が旬

はっさく→1月頃から収穫・3.4月頃が旬

デコポン→12月中旬頃より収穫・3月頃が旬

夏みかん→5月頃から収穫・6月頃が旬


といった柑橘系でも冬が旬の物もあれば
春や初夏に旬を迎えるものと様々です。

みかんの食べ過ぎで手が黄色くなるのは病気?


いよかんのマーマレードの作り方は?


いよかんはそのまま食べても充分おいしいですが、

たくさん戴いたりした時には
長期保存出来るマーマレードにしませんか?


パンに塗る他にも料理などのソースにプラスする!
といった使い方も出来て便利です。




ヨーグルトやホットケーキに添えてもおすすめ!
レシピをご紹介します。


保存する瓶はあらかじめ熱湯消毒してご用意下さい


いよかんマーマレード

材料

いよかん(皮は半量使用)4~8個
グラニュー糖 重量の40%


作り方

1.いよかんの皮をよく洗い、
  わたの部分は好みでそのままでもよい。


2.皮を薄くスライスし果肉は薄皮を剥がし種は残しておく。


3.鍋に皮を入れかぶるほどの水を注いで
  沸騰させ煮こぼす作業を3回繰り返す


4.皮を一晩水にさらし、水気を切ったら
  鍋に入れ上からグラニュー糖をかける。


5.そのまま8時間ほど置いてから
  弱めの中火にかけ、アクをすくう。


6.別鍋に種と水100ccを入れ弱火にかける
 (とろみ付けのペクチン液)


7.種がふやけるまで煮たら茶こし等で漉す。
  漉した水分を使う。


8.⑥に⑦を加えとろみをチェックして
  煮詰め過ぎない所で火を止める。

9.熱いうちに保存瓶に詰め、
  冷めたら蓋をし冷蔵庫へ保管。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索