いよかん 食べ方

トレンド豆知識

いよかんの食べ方や皮のむき方!薄皮も食べれるの?


いよかんの画像

寒い冬の季節に旬を迎えるいよかん

風邪予防などにもよいので食べておくと
よい果物ですが、剥き方や食べ方がわからない!

・・・という方もいる様ですね。


皮はそのまま食べるという話もちらほら・・・
今日は、いよかんの食べ方についてご紹介します。


Sponsored Links




いよかんの栄養に含まれる効能や効果は?


いよかんの栄養は特に「ビタミンC」が豊富で、

シネフィリンという成分も同時に含んでいる事から、
風邪予防によいとされています。


に含まれている精油には、

リモネンやナリンギン、ヘスペリジン
といった成分が含まれ、

毛細血管の壁を強くし、高血圧予防や
治療などに効果があるとされています。



また、酸味の成分には
柑橘系特有である「クエン酸」を含み
疲労物質を解消し、疲労回復や血液をキレイにします。


そして果実を包む薄皮(じょうのう)には、
「ペクチン」を豊かに含み、

水溶性植物繊維であるので
整腸作用、便秘にも有効に働きます。

いよかんの旬な時期はいつ?



Sponsored Links



いよかんの食べ方や皮のむき方!薄皮も食べれるの?


いよかんはそのまま皮ごと食べる方も多いのですが、
これは好きずきがあります。


皮が薄いので剥くのにさほど手間はかからず、
お尻側から剥いて行くと剥き易いです。


果実だけになったら一房ずつ分けて、

中心から薄皮を開いて
中の果実を食べるのが一般的な食べ方です。


食べ慣れた方ならこのまま
薄皮をむかずに食べる方も多いです。





小さなお子さんなどでも食べやすくするには、
皮をむき薄皮(じょうのう)を開くと良いでしょう。


いよかんの皮をむいて房にしたら、
房の背側に包丁を入れて半分に開くだけ。


種は外してあげれば、薄皮から実離れもよく
お子さんでも食べやすい方法です。




いよかんの種類や育て方は?


いよかんはみかんの仲間ですが、
親品種ははっきりしておらず、

明治19年山口県阿武郡東分村(現在の萩市)の
中村正路氏の園で偶然発見されたものが最初です。


その頃は穴門みかん(あなどみかん)と呼ばれ、

その後、愛媛県松山市にて苗木を育て
栽培していくにつれ松山市周辺で栽培が盛んになり、

伊予蜜柑という名で出荷されました。


愛媛特産の温州みかんと間違われてしまう為に
現在の「いよかん(伊予柑)」となりました。


宮内伊予柑は枝変わりの品種で、
昭和41年に種苗名称登録されました。



いよかんの育て方ですが、
関東南部や温暖な地域での栽培が適しており、

年平均気温が15.5℃以上であり、
収穫の時期に-2℃以上になる地域が最適とされています。


3月下旬から4月上旬頃に苗木を植え付け、
高さを50~60cmくらいで切り返して植えます。



実際に実を付けるまで数年かかり、
通常は4~5年とされています。

収穫時期は12月頃で、
寒害を受ける前に収穫する必要があります。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索