羽毛布団 乾燥機

トレンド豆知識

羽毛布団に乾燥機をかける時の温度や時間の目安は?自宅では発火に注意!


羽毛布団の画像

せっかくの羽毛布団を出来るだけ
ふわふわに清潔に保つには洗濯をしますが、
乾燥機はかけてよいものでしょうか?


時間はどれくらい?温度は?
・・・と、いろいろ気になる面が出て来ます。


今回は、羽毛布団と乾燥機について
注意点や気になる点をご紹介します。


Sponsored Links




羽毛布団に乾燥機を使うときの注意点は?ランドリー時間は?


ニトリの羽根布団は丸洗いが出来るという面で
清潔に使う事ができるメリットがあります。


洗えるとはいっても、
洗い方もそれぞれですので確認は必要です

洗濯表示を必ずチェックしましょう。



ネット使用で洗濯が可能であれば、
大きい布団の入るサイズのネットを
使用して洗濯をします。

羽毛布団を洗濯機で洗う方法!


肝心の乾燥ですがネットから出して、
ドラム内に隙間なく詰めて、

大型の乾燥機で乾燥させることも
きちんと中まで乾燥させる大事なポイントです。


乾燥機用の柔軟剤も投入しておくと
表側の生地もふんわりとするのでお忘れなく。


乾燥時間はシングルサイズで
およそ35分程度で乾く様ですが、

羽毛の量などにもよるので
こまめにチェックしてみましょう。


Sponsored Links



羽毛布団に布団乾燥機で高温によるダニ退治も!?


布団のダニ退治にと布団乾燥機を使う事があります。


羽毛布団にも布団乾燥機を使うと思いますが、

乾燥機を使っていてへんな臭いがしたり
発火したという事例もあります。



布団乾燥機を販売しているテスコムの説明書には、

羽毛ふとんなど乾燥の際にタイマーを
「ダニ」の位置で使わないよう注意書きされています


ダニ退治モードは100時間

羽毛乾燥は温風で約60分+送風で約30分
クールダウンの時間が設けられています。

布団乾燥機でダニ駆除!効果的なやり方や時間、頻度は?




自宅で布団乾燥機を使うときに羽毛布団に発火しないポイントは?


布団乾燥機発火は、布団乾燥機を使用した後に
羽毛布団が発火するという現象で、

羽毛に含まれる油分が
ダニ退治モードによる長時間の加熱と

送風なしでそのままにすることで
内部が高熱を持つことが原因です。



ダニは50度で死滅するので、
50度以上で70度程度までで使用するようにしましょう


温度調整がない乾燥機の場合には、

乾燥袋と羽根布団の間に毛布やタオルケットを
挟んで行うとよい様です。




羽毛布団のダニ退治は布団乾燥機で行うよりも
普段は天日干しを行い、

定期的に可能であれば洗って乾燥機で回した方が
手っ取り早いという面と衛生的にもよい気がします。


天日干しの場合には、
よく晴れた日に片面1時間ずつ
途中で返して干すとより効果的です。

日光消毒の殺菌力!窓越しでも効果あるの?


さらに、乾燥機発火についての補足ですが、

製品表示に家庭で洗えない様な表示や
クリーニング表示があるものに関して発火を起こし易いので、

そうした羽毛布団はクリーニングに出すようにしましょう。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索