レンコン 花粉症

トレンド豆知識

レンコンが花粉症対策に効果的?その量は?ポイントは汁!?


レンコンの画像

古くより鼻の症状や免疫力をあげる食材として
知られる「レンコン」

実は花粉症にも効果があることをご存知でしょうか?


身近で手に入りやすい食材ですが、
そのレンコン花粉症にどのような力を持っているのか?
具体的な効果などについてまとめました。


Sponsored Links




レンコンは花粉症にどんな効果があるの?


レンコンによる花粉症への効果とは、

含まれている成分であるタンニンによる働きで、
アレルギー症状を抑える働きがあるとのデータがあり、

埼玉医科大学により花粉症患者が
2ヶ月レンコンを食べ続けた際の結果に、
血中アレルギーの抗体量が減少したといいます。


アトピー症状の他、ぜんそくも改善するとのこと!

そしてビタミンCなどにより免疫力・抗酸化作用など
健康維持に効果的な成分を含んでいます。



他にもムチンという成分によって、
皮膚のヒアルロン酸量の増加、

食物繊維によって腸の働きを正常化し便通を整え、
カリウムによって血圧上昇を抑える

といった働きを持っています。

れんこんの栄養による効果や効能!


Sponsored Links



花粉症対策に特に効果的なのはレンコンの汁!?どれくらいの量?


花粉症対策や改善としてレンコンを食べる場合は、

そのまま食べるよりも
エキスにしたほうが、さらに吸収力があがります。


そこへオリゴ糖をプラスするとより吸収力を高め、
オリゴ糖に寄って腸の働きもよくなります。


その方法とは300ccの水を沸かして
皮をむいたレンコン60gを入れ

沸騰したら弱火で5~8分茹で煮汁を
保存可能な容器へと移しします。

オリゴ糖を小さじ2入れ
朝晩50ccほど飲み続けます。





レンコンの汁は飲むだけではなく、
直接鼻の中に塗るのも効果的!


皮をむいてすりおろし、ガーゼなどで搾ってできた
汁を綿棒を使い鼻の中に塗り込みます。


より手軽にレンコンの成分で改善や対策を行うなら、
レンコン粉末やエキスを用いたサプリメントがあります。


乳酸菌などと一緒になっているものは、
腸の働きをよくする働きがあるのでおすすめです。




なお、レンコンで改善して行く場合には、

1日20~30gを毎日食べ続け、
3ヶ月以上は続けることを推奨しています。



花粉症対策として続けるためにおすすめのレンコンレシピは?


例えばサプリメントも使うけど、

料理などでも摂り続け同時進行させるには、
飽きずにレンコンを食べ続ける必要がありますね!


レンコンを毎日食べるのであれば、
きんぴらにして常備菜にしておくと便利です。


冷凍保存も可能ですし、小分けにしておけば
お弁当のおかずとしてそのまま入れる事も出来ます。

れんこんの保存には酢がイイ!?保存期間は?




 

そのまま食べる事に飽きたなら、
ご飯に混ぜたりするのもいいですね!


酸っぱいのが好みの場合は、
ピクルスなどにしておいてもよいでしょう。


薬で改善するのは症状が酷い時だけにして、
こうした食材の力も上手に取り入れると

体の負担も軽くなると思いますので、ぜひ活用しましょう!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索