サルスベリ 花言葉 由来

トレンド豆知識

サルスベリの花言葉や名前の由来!色や開花時期、種類の特徴は?


サルスベリの画像

チリチリっとした花が幾つも寄り添い
花を咲かせるサルスベリ

可愛らしい花を咲かせるのに、
名前がなんだか変わっていますよね!


今回はこの「サルスベリ」に注目!

花言葉名前の由来などについてご紹介します。


Sponsored Links




サルスベリの種類や品種や名前の由来は?


サルスベリは漢字で書くと

「百日紅(ひゃくじつこう)といい、
ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木です。


幹が成長するにつれて、
古い樹皮が剥がれ落ちる事によって、
スベスベとしてくることから、

木登りの得意なサルでも
滑ってしまう木=サルスベリと言われますが、

実際にはサルは登れてしまう様です。



サルスベリの種類には大きく3つあり、

シロサルスベリウスムラサキサルスベリ
矮性種である一才サルスベリや、

この一才サルスベリを改良したものに、
ヒメサルスベリなどがあります。





他にも類似種として、
シマサルスベリ、ムラサキサルスベリがあり、

シマサルスベリは
奄美諸島や台湾などに分布しており、

ムラサキサルスベリはサルスベリと
シマサルスベリの雑種です。


Sponsored Links



サルスベリの花言葉は?その意味や由来は??



サルスベリの花言葉

・雄弁

・愛敬

・不用意

・潔白

・あなたを信じる

・活動

・世話好き


などがあります。





「あなたを信じる」「潔白」などは
原産国での呼び名である「百日紅」から来ており、

恋人と100日後に逢う事を約束した女性の
話から付けられたとされています。


その女性は結果、約束の日を迎える前に
他界し、亡くなった後に咲いた花である

という事から、付けられた様です。

これは、百日紅の名前の由来でもあります



日本では元禄時代の園芸書である「花譜」

”紅花が100日間咲く”などといった説明が
書かれていた様です。


他にはサルスベリの木の特性から
つけられている様です。


名前の由来にはもう1つ!

海外からサルスベリが日本に渡って来た時、
「ソールスベーリー」と聞き間違えた日本人が、

聞いたままを当て字した・・・
なんてこともあるそうですよ!


サルスベリの開花時期や色など特徴は??


サルスベリ
主に7月~9月頃に花を咲かせ、

耐寒性があるので東北などの
寒い地方でも育てる事が可能です。


土質も選ばずやせた土地に、
日陰以外でよく育ちます。


しかしながらとても食いしん坊で、

吸肥力が強くて有機質が豊富な土地で、
湿潤地がもっとも生育に適しています






ちりめん状の花は6枚の花びらからなり、
1枚ずつ円錐型をしています。

とても華やかで育てやすい面からも人気があります。


そしてなんといっても樹皮!

今度サルスベリの木を見かけたら、
ぜひ撫でてみてください。

本当にツルツルスベスベですよ!


花の色は紅色や白、ピンク、薄い紫色など。
しかし、個体差によっては色の濃さは変わります。


咲いてみてからどんな花色なのか、
それを楽しみにしてみるのもいいですね!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索