ケイトウ 花言葉

トレンド豆知識

ケイトウの花言葉と色の種類!開花時期や種まき時期はいつ?


ケイトウの画像

花は色々な花姿がありますが、鶏のトサカの様な形をした
「鶏頭=ケイトウ」をご存知ですか?


よく出来た名前だなと思いますが、
とてもステキな花言葉を持ちます。


ケイトウの花言葉について知ってみませんか?
お話のネタにぜひ、参考にしてみてください。


Sponsored Links




ケイトウの花言葉の意味や由来は?


ケイトウの花言葉は


・おしゃれ
・感情的
・奇妙
・風変わり
・情愛
・色褪せぬ恋


といったものがあります。


元々ケイトウには花言葉がなく、
その風変わりなものの象徴として

「奇妙」「風変わり」
といったことに由来しています。


「おしゃれ」などは雄鶏の立派な
トサカから来ているとされています。



他、西洋では男性を意識した花言葉があり、

男性のおしゃれ=fopperyなどもあり、
雄鶏のイメージが強い花です。


情愛や色褪せぬ恋という花言葉から、
男性が女性に贈る花としてもおすすめの花です




ケイトウの学名「セロシア(Celosia)」
ギリシャ語の「燃焼(keleos)」が語源とされ、

”炎”の形を意味している面があるので
情熱的な花言葉が付いたのではと思います。


Sponsored Links



ケイトウの花の色や種類はどれくらい?


ケイトウは、ひゆ科けいとう属で、

赤のイメージがとても強いですが、
桃や黄色、橙、紫などといった花色の園芸種があります


トサカ状以外にも、
花穂の形が異なる羽根ケイトウ
久留米ケイトウ、トサカケイトウ

といった形があります。


花屋さんなどでは
トサカの様な形状のものを「ボンベイ」

槍の様な炎の様な形をしているものに
「センチュリー」「キャンドル」など、

野けいとう種で「セロシア」があります。





同じひゆ科で属が異なるものには、
健康食でも話題の「アマランサス」があります。


他にもアジアや東南アジアなどでは、
花や葉を食用としているものもあり、

古く日本でも食用として栽培されていた時期があります。


ケイトウの開花時期は?種の保管方法や種まきの時期はいつ?


ケイトウの花の時期6月~9月
その後、こぼれ種で増えて行きます。


割と育てやすい花で春に種を撒くと
夏から秋に花を咲かせます。


種まきが3月くらいから始める事が出来るので、
1ヶ月後れずつ撒くと割と長い間楽しむ事が出来ます。


寒さにとても弱いので
寒くなると枯れ、種を付け落とします。



落ちる前にを収穫する場合は、

茎ごと切り取り新聞紙などの上に完全に枯れるまで放置し、
ドライフラワーになったら軽く振ってみましょう。


落ちて来た物が種ですので、春まで封筒などに包み
湿気の無いところに保管します。



特に種をとらず同じ場所で咲かせるのであれば、
そのまま枯れて種がおちたのを見計らって

茎を切り取れば来年そこからまた花を咲かせます。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索