ダニ 温度 熱

トレンド豆知識

ダニが繁殖する温度と死滅する熱や寒さの温度は何度くらい?


ダニのイラスト

ジメジメと同時に暑さを感じる頃、
朝起きたら虫にさされた!無性にかゆい!

これはダニの可能性が高いですね。


ダニの駆除に温度が関係しますが、
あれがいい!これがいい!

・・・とやってみても
なかなかしぶとく駆除しきれません。


ダニを駆除するのに
効果的な温度や熱について調べてみました。


Sponsored Links




ダニが発生しやすい温度は?


ダニは大まかに3条件が揃うと
繁殖を始めると言います。


・ 室内温度20~30度、湿度60~80%
・ エサとなる塵がある
・産卵場所がある



大量発生する条件には
温度25~28度湿度70~80%

そのため布団は人の体温と眠っている間に出る汗
などといった事でダニが繁殖するには最適です。



冬であっても夏並みの温度を保つ家庭も多く
夏と変わらぬダニの数が検出される事も少なくありません。


マメな掃除をせず畳などの上にジュータン敷き、
窓を密閉している環境やペットの飼育。

意外にも濡れた雑巾で拭き掃除なども
ダニの発生に繋がります。

ダニによる虫刺され治療・対処法は?



また、風邪やインフルエンザ対策として
加湿器を使用しますが、

過剰に加湿しすぎたり室内で洗濯物を乾燥させる
といった環境もダニを増やす原因となります。

ダニによる病気!感染力が強いものは?


Sponsored Links



ダニを死滅させる熱の温度や退治方法


ダニ対策は布団を日光にさらして干す!
という事は意味が無いといいます。


しかし適度に乾燥をさせ、
布団をふんわりとさせるには必要な事です。


布団を室内に引き上げる前に
軽く叩く事で皮脂や塵やホコリを取り除き
ダニのエサを極力減らす事には繋がると思います。



ダニが死滅する温度は「50度以上」

つまり布団乾燥機を使用し、
さらに掃除機などで吸い取れば退治ができます。


布団乾燥機で布団の隅々まで
50度以上の温度に保つ事が必要です



「ためしてガッテン」で紹介されたポイントは

・敷布団に対し布団乾燥機のシートを直角に置く。
・敷布団をシートを包み込む様に折り曲げる。
・掛け布団を敷布団に被せる。


布団乾燥機でダニ駆除!効果的なやり方や頻度!



この3つのポイントを抑えるだけで

敷布団の隅々にまで50度以上のを加える事ができ、
死滅させるには1時間ほどの使用で可能となります。


また、夏の炎天下の車内も活用可能!

炎天下の車内は50度以上に達するので
前部座席にて裏表2時間程度で駆除が出来ます。


ダニは熱に弱いけど寒さには強いの?


ダニの繁殖や死滅には「熱」がクローズアップされますが、
逆に寒さにはどうなのでしょうか?


冬場でも温かい日には布団を干す事がありますが、
天日干しではダニは死滅することはありません

日光消毒の殺菌効果とは?



チリダニにおいては幼虫は湿度50%
脱水症状で死滅するとは言いますが、

成虫ともなると1日以上冷蔵庫に入れない限り
寒さで死滅することは無いといいます



日本国内で寒い北海道の北端で20度などの環境が
1日以上続けば寒さで死ぬ事はありますが、

まず、室内がそんな気温であれば人が凍死してしまいます。


つまり常にダニは私たちのそばで
生息しているということです。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索