赤ちゃん 一重 二重

トレンド豆知識

赤ちゃんが一重から二重になる!?いつ変わる?確率や遺伝との関係は?


赤ちゃんの画像

赤ちゃんのまぶたは大抵の場合

生まれた時からしばらくは一重で、
その後、成長に合わせて二重になっていきます。


自分の子どもは一重なのか二重なのか?
ちょっと気になりますよね。


今回取り上げる内容は赤ちゃんの一重や二重になる確率や
いつ頃に解るのか?といったことをご紹介したいと思います。


Sponsored Links




赤ちゃんは一重から二重になる?いつ変わるの?


実際には、一重でも二重でも
わが子が可愛いのは変わりがありません。


まだ新生児や低月齢の赤ちゃんは、
皮膚がとても薄く、

まぶたや頬などにも脂肪がついて
プクプクとしているため、
一重になりやすい条件を揃えています。



この時点では「眼が大きい!」とか「切れ長だ!」
といった大きさや形に注目しますが、

さて、一重から二重になる時期とは?


だいたい生後3~4ヶ月あたりから、
1歳くらいの間に変化することが多いです。



運動機能が発達しよく動く様になると
徐々に脂肪が減り締まってくる事で
二重まぶたになる様です。



ただ、個人差もあったり、
もっと成長が進む事での変化もあります。


極端な話しですが思春期の頃に、一重だったのが
二重になったり・・・その逆もしかりです。

赤ちゃんの逆まつげに注意!目やにや涙目はサイン?


Sponsored Links



赤ちゃんの一重・二重は遺伝が関係してる?二重になる確率は?


実際には新生児の頃から二重である子もいます。


まぶたの脂肪のつき方が
たまたま薄かったというだけなのですが、

二重になる・一重になるには
遺伝が非常に大きく関わる様です。



両親とも二重であり、さらには祖父・祖母が
二重である場合には二重になる確率が高く、

両親のどちらかが一重で、
そのまた祖父や祖母もどちらかが一重であれば、

確率的には五分五分といったところでしょう。


実際にこの遺伝は赤ちゃんの両親以外に、
祖父や祖母といった遺伝性もあり、

どちらかの家系に一重が多いといった場合には、

近い親族の方が二重であっても
隔世的に一重が出る事もあります。

赤ちゃんを二重にする方法!


赤ちゃんのまぶたを一重から二重にする方法


一重も非常に涼しげでクールな印象があり、
特に気にする必要はないと思いますが、

どうしても二重にしたいという場合に、
赤ちゃんの眼を二重にする方法がある様です。



・まぶたを優しく撫でる


眠っている時に行う方法ですが、

目頭から目尻に向かって優しく指でマッサージをすることで
まぶたの脂肪をすっきりさせて二重にする効果に繋がるようです。



・まぶたに軽くラインをつける


これも眠っている赤ちゃんに行う方法ですが、
綿棒などで軽く癖をつけるという方法です。


大人でいうところのアイプチにも似ていますが、
そうしたものをつける訳にはいかないので、

二重になるであろうラインに
癖つけるというのも1つの様です。



ただし赤ちゃんの皮膚はデリケートで、

さらに瞼の皮膚は薄いので
炎症を起こしたり、眼への影響もあるので

焦らず根気よく、魔法をかける様に
1日1撫で程度に留めてください。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索