プリムラ 育て方

トレンド豆知識

プリムラの育て方や切り戻しの注意点!種や株分けでの増やし方は?


プリムラの画像

様々な花色や柄を持つプリムラ


花の少ない冬から春にかけて色鮮やかな
花を咲かせるので花壇などでも人気ですね。

初めての方でも育てやすいので、
ぜひ、育ててみてください。


今回はプリムラの育て方のポイントについてお伝えします。


Sponsored Links




プリムラの鉢植えでの育て方の注意点!種の採取は?


鉢植えを買って来た場合は、日光不足に注意します。


プリムラは寒さに強く
乾燥を苦手としており、日光を好む植物です



日光不足になると花付きが悪くなり、
また、水が切れると花が痛む原因となります。


土の表面が乾いたな?と思ったら
早めにたっぷりと鉢の下から
水が落ちるくらいに水やりを行いましょう。



自生地などでは多年草で夏の暑さに弱く
夏越しが出来ずに枯れてしまう事があります。


多くは一年草扱いですが、地方によっては
こぼれ種で毎年咲くところもある様です。




が落ちるまで花をそのままにし、
鉢の中にこぼれ種から出た芽を別鉢に移植して、

夏は日光を避けた涼しい雨のあたる場所で育てると、
また鉢を増やして育てることもできます。


種を取る時は花が咲き終わるまでに授粉させ、
種を実らせ、花がらは摘み取ります




また、種を採取して育てる場合は、
5月中旬~6月中旬頃に種まきをし、

ピートバンなどに広げ覆土はせず底面を吸水させて
新聞紙を被せて乾燥させないよう明るい日陰で発芽を待ち、

子葉が出て来たら元気のよいものだけ残し間引きします。

プリムラの色別・種類別の花言葉は?



Sponsored Links



プリムラの切り戻しや株分けでの増やし方は?


プリムラの切り戻しは花が終わった後に
茎の付け根からはさみで切り取ります。


種を付けると栄養がすべてそちらへ取られてしまうので、
実際には種は取らず、増やす場合には挿し木を行うとよいでしょう。


他にも終わった花をそのままにしておくと、

花付きが悪くなったり
病気の原因などとなるので切り取ってしまいましょう




プリムラの増やし方には
「種」以外に、「株分け」する方法があり、
こちらで増やす方が賢明です。


夏越しした株を分けることはとても簡単で、
鉢なら抜いて根に付いた土を優しく取り除いて、
手で引き分けることが出来ます。


あまり細かく分けると育ちが悪くなるので
株の大きさを把握し、

芽が出ているかどうか確認した上で、
9月~10月に行いましょう。





北海道でプリムラを育てたいときは?


プリムラはサクラソウ科の植物で多くの品種があります。
開花時期は11~5月と長い期間楽しめる花です。

では、北海道ではどうなのでしょう??



北海道の気候は本州に比べると
比較的気温も落ち着いているので

夏越しは容易ですが、開花時期である
11月ともなれば雪が降る時期でもあります。


雪が直接株に触れると痛みの原因ともなり、
地植えの場合には株の上から鉢をかけ、
雪から防ぐといった方法がよい様です



鉢植えならば玄関先などに置くとよいでしょう。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索