赤ピーマン パプリカ 違い

トレンド豆知識

赤ピーマンとパプリカの違い!似てるけど味や栄養、効能は違う?


パプリカの画像

一般的には緑色の物に対して
ピーマンといいますが、

他にも赤ピーマン黄色いピーマン

形が似ていて大きなものには
赤や黄色のパプリカがあります。


料理によって使い分けると思いますが、
赤ピーマンとパプリカはどう違うのでしょうか?

栄養などの違いなど探ってみました!


Sponsored Links




赤ピーマンとパプリカの違いとは?味にも違いはあるの?


ピーマン

南米メキシコなどの熱帯地方が原産、
ナス科トウガラシ属の野菜です。


トウガラシ属は実に数百以上の栽培品種があり、

さらに今でも新種と言われる種が
発見され続けているのだそうです。


赤ピーマンを筆頭にいわゆる「ピーマン」とよばれる
シシトウガラシの種類はメキシコ原産。





パプリカ

ヨーロッパ・主にハンガリーが原産
トウガラシ属の栽培品種の1つです。

青唐辛子とししとうの違いは?激辛度!?


シシトウガラシ属は甘味種ではありますが、

受粉や栽培時のストレスにより
辛味種へと変わる事があります。


しかし、パプリカは肉厚で甘味種で
辛みを伴うということがないのが特徴です


Sponsored Links



赤ピーマンとパプリカの栄養の違いは?その効能や効果は?


ピーマンはとても栄養機能の高い野菜で、

ビタミンCカロテンの高さ!
という面でも決して低い方ではありません。

ピーマンの栄養や効能!その効果やカロリーは?


カロテンの高さは100g中、

黄ピーマンは200mg
緑ピーマンで400mg
赤ピーマンで1100mg


パプリカも基本的に同じ栄養成分を
含んでいますが青ピーマンの倍以上!


特にオレンジ色のパプリカは
30倍以上含まれているのです!






ビタミンCも100g中、

赤ピーマンが170mgに対して
パプリカは200mg


中でもやはり、オレンジ色は
もう少し含有量が多いとされています。



また、赤のピーマン・赤のパプリカと
「赤」の色素である

”赤パプリカカプサイシン”には
カロテンよりも高い抗酸化作用があり、

動脈硬化や血中コレステロールの排出や、
心筋梗塞予防に効果をもたらします。


ピーマンの食べ過ぎによる害や影響は?


赤ピーマンとパプリカの旬な時期にも違いはあるの?


通年食べる事が出来る野菜ですが、
どちらも露地物は5~10月

最盛期は6~9月
ハウス物であれば通年食べられます。


パプリカも現在では日本でも多く栽培され
身近な食材ですので手に入りやすいですね。


トウガラシ属の類はそれぞれ
よい作用をする成分を含みますので

バランスよく食べてみてはいかがでしょうか?

プランターでのピーマンの育て方!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索