健康診断 費用 料金

トレンド豆知識

健康診断の費用!就職してる人は会社負担あり?個人の場合の料金は?


1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

健康診断は多くの方は会社で受ける!

・・・といった事もありますが、
業種によっては自己負担なんて事もあります。

一体費用(料金)はどれくらいかかるのか?
やはり自身の健康は知っておくべき。


そこで今回は健康診断の費用について
ご紹介したいと思います。


Sponsored Links




一般健康診断にかかる費用!個人事業主の場合の料金は?


お家で家業をしている場合など、

会社に所属しているのではなく自営業をしていると
自身で適度に健康診断を受けておく必要があります。


そんな時には
どれくらいの費用で受ける事ができるのか?

・・・気になりますよね?


一般的な健康診断費用の平均は、
10,000円前後とされています。


健康保険適用外となっているので、
やや費用はかかってしまいます。



他にも自営業で健康保険組合であったり、
法人協会といったところに加入していれば
補助金・負担金といったもので変わります。


そして病院など検査を受ける医療機関でも
その価格が変わるのでこれまででない場合もあります。

健康診断前日に食事ダメなのはなぜ?


Sponsored Links



会社に勤めてる人は健康診断の費用は会社負担で割引される?


会社で働く会社員や労働者には労働安全衛生法
というもので年に1~2回の健康診断の義務があります。


その料金は会社負担なので実質無料で、
一般的な会社員では年に1度

薬品や深夜労働がある場合には1~2回実施します。


会社が負担している費用は、
一般的な費用に関しては先にご紹介した費用ですが、

生活習慣病検診では16,000~20,000円
人間ドックは50,000円以上といった費用がかかります。

こうした物は別途になるので個人負担となります





女性の場合にマンモグラフィー検査なども
追加オプションでありますが、

1,000~2,000円の負担程度で実施できるので、
こうした機会に行なっておくのもよいと思います。


また、健康保険組合に加入している場合には、
一般的な料金よりも安価で、
5,500円程度で受けることができます。


健康診断の科目は?費用に消費税はかかるの?


健康診断の科目はどんなものかご存知ですか?

労働安全衛生規則第44条で義務付けられている
項目は全部で13科目あります。


1.既往、喫煙、服薬、業務歴といった調査問診
2.自覚症状や他覚症状の有無の検査
3.身体測定(身長・体重・腹囲)
4.視力
5.聴力
6.血圧測定
7.血糖検査(ヘモグロビン)
8.貧血検査(赤血球・血色素量)
9.血中脂質検査(HDL、LDLコレステロール、中性脂肪)
10.肝機能(GOT、GPT、γ-GTP)
11.尿検査(尿蛋白、尿糖)
12.胸部X線検査(もしくは喀痰検査)
13.心電図


また、消費税については課税であり、
非課税になる部分は社会保険診療についてのみです。

 


  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索