過呼吸 対処

トレンド豆知識

過呼吸の対処法でビニール袋やキスは間違い!?犬がなった場合は?


445221

突然呼吸が出来なくなって苦しくなる過呼吸

対処法も変わり、
それ以前に原因を知る事も必要です。

また、人だけではなく、
愛犬にも引き起こす可能性もある過呼吸。

過呼吸の原因を理解しつつ正しい対処法を覚え、
不安にならない様にしましょう。


Sponsored Links




過呼吸が起こる原因!お酒でも起こることもある?


過呼吸が起こる原因には、
もともと自律神経の乱れがあったり、
パニック障害がある方に多い様子です。


過換気症候群とも呼ばれる過呼吸は、
呼吸中枢に刺激が加わる事で引き起こす発作


その原因には緊張・不安・恐怖といった
ストレスが過度に加わることで自律神経が乱れて、

呼吸が荒くなり呼吸が妨げられてしまい、
呼吸困難やめまい・手足の痺れなどを引き起こします。


酸素が吸えずに吐き出す事しか出来なくなり、
血中の酸素濃度が少なくなることから
こうした症状を引き起こします。


パニック障害も同様の症状を引き起こすため、
過呼吸はパニック症の発作とも言われています。


死ぬのでは?と思うほど呼吸が出来ず
不安になりますが、実際に死に至る事は少ないです。

このパニック発作は10分~1時間程度でおさまります



また、お酒に非常に弱い方は、
お酒で過呼吸を引き起こす事があります。


アルコールが体内に入る事で
動悸や発汗を引き起こす方がいますが、

それが引き金になって
過呼吸を引き起こす可能性があります。

過呼吸になる原因は性格も関係ある?



Sponsored Links



過呼吸の対処法にビニール袋やキスは間違い?治療はできないの?


過呼吸の対処法にはこれまで紙袋やビニール袋を
口にあてて、その中で呼吸をさせるものでした。

これは現在では誤った対処法!


キスで息を入れる事で治るなどとも言いますが、

それは直接的な対処法といったものではなく、
意識を反らせた事で治まったのではないか?

・・・と思われます。



現在の過呼吸発作の対処法は、
「ゆっくりと呼吸をする」というものです


ゆっくり10秒ほどかけて
深く息を吸い、再度ゆっくりと息を吐く!


ということをしばらく続ける事です。


きちんと呼吸が出来て血液中に酸素が取り込まれ
全身を巡れば痺れやめまいなどは改善します。


他にも激しい運動や激しく泣いた後にも
同様に過呼吸発作を引き起こす事があります。



本格的に治療したい場合は
メンタルクリニックなどで治療を行いますが、

パニック障害の治療同様で、
抗不安剤とカウンセリングが行われる様です。


犬が過呼吸に!その対処方法は?


愛犬にも過呼吸を引き起こす場合があるのは
ご存知でしょうか?


の過呼吸原因は人とは異なり、

心臓や咽頭・気管や気管支・肺などの
循環器や呼吸器系の異常で引き起こす事があります


激しく運動をした後に呼吸が苦しそうであったり、
咳や呼吸が早く浅いなど異常が見られます。


犬の心拍数は小型犬なら1分で60~120回
大型犬で1分60~80回といいます



呼吸が浅めで早い場合は早めに獣医さんへ!

運動中に起きた場合はそっと愛犬の
鼻部分を覆ってしばらく様子を見てください

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索