日焼け ほくろ

トレンド豆知識

日焼けでほくろが増えたり大きくなる!?その原因や予防方法は?


b2aba87c027e2e6d6e2d536ff7bf35c1_s

日焼けは肌トラブルを起こしやすいですが、
急にほくろが増えたなぁ・・・と感じた事ってないですか?

あまり普段は気にしませんが、こんなところにあったっけ?
なんて思うと気になり出したりします。

なんだか大きくなった気がする・・・
消す事はできないのか?

といった日焼けによるほくろについて調べてみました。


Sponsored Links




子供が日焼けしたらほくろが増えたような・・・原因は?


ほんの数個だったほくろが、
数ヶ月のうちに増えてしまった!


大人だけではなく子供にも起こりえる事です。

初めはそばかすの様に思えたところが、徐々に色が濃くなって
場所によっては気にされる事もありますよね。


特にプールの授業では水質を保持する為に
日焼け止めを使う事も出来ないので対策を練る事ができません。



ほくろには「先天性」「後天性」があり、
思春期以降の場合には後天性であるといいます


遺伝的なもので決まる先天性は、
ご両親やご親族でほくろが出来やすい場合には
紫外線が原因ではないので防ぐ事は困難です


ですが、後天性であった場合には紫外線が元なので、
プール以外の時には日焼け止めをこまめに塗り替える

・・・といった方法で対策を行うほかありません。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めって本当にいいの?



Sponsored Links



日焼けでほくろが増える原因とは?予防や消す方法は?


ほくろが出来る要因については先にお話しましたが、
それ以外に日焼けでほくろが増える要因として紫外線以外に、


・ストレスや生活習慣の乱れ
・妊娠や出産といったホルモンバランスによるもの
・過度なスキンケアによる刺激
・加齢


といった事が考えられます。


特に女性ですが女性ホルモンが増える事で
若々しくいられるといったメリットはありますが

ホクロが増える他に乳ガンのリスクが高いなど
アメリカやフランスでの調査報告があがっています。

顔や体にほくろが増える原因は?



日焼けによって引き起こすほくろの予防については

夏以外の季節であっても紫外線を浴びているので
通年通して日焼け止めはしっかりと付ける事!

紫外線の多い時間帯!夕方や夜も影響あるの?

帽子などといったもので予防する事が必要です。


ほくろを消す場合には、
美容外科などでレーザー治療となり、
美白化粧品などで消す事は出来ないと言います。

日傘の色で温度や紫外線を防ぐ効果が違う!?


日焼けでほくろが大きくなった!がんの可能性があるので注意!?


ほくろが短期間で大きくなってきたら・・・
注意する必要があります。


「悪性黒色腫」
通称”メラノーマ”という皮膚のがんの1つ


極めて悪性ながんであり、誰にでもあるメラニンを作る
メラニン細胞がなんらかでがん化したものであり、
その詳しいメカニズムについては解明されいない様です。

ほくろが大きくかさぶた状になるのは病気!?



7mm以上に大きくなったり、ほくろが縁の色が不鮮明になり、
型もいびつで滲んだ様な状態となった場合には
総合病院や皮膚科などで受診される事を勧めます。


メラノーマであると診断された場合には、
他の臓器への転移が早いので速やかな手術が必要となります


広がると数ヶ月で命を落とす危険性も高いので
モヤモヤと気にする前に病院へ!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索