爪 血豆

トレンド豆知識

爪の中の血豆の治し方やはがれる時の対処法!黒い点や筋は注意!


爪の血豆のイラスト

爪をぶつけてしまった時などに
内出血を起こして血豆ができる事があります。


ただ、原因がわかっているものならよいですが、
突然ぶつけた訳でもないのに出来るものもあります


爪にできた血豆の原因や消えない場合などについて
ご紹介していきたいと思います。


Sponsored Links




足の指の爪などに血豆ができる原因!痛みは注意!?


爪の中の血豆は、足を思いっきり
ぶつけた時にできる事がありますね。


猛烈に痛くて悶絶して、指も痛いですが
爪が次第に赤黒くなって血豆ができます


こうした「ぶつけた」ことでできる場合もあれば

何もしていないのに痛みもなく
爪の中に血豆ができるということがあります。



足の指に関しては自分の足に合っていない
キツイ靴を履いた時にも圧迫によって内出血を起こします。


その結果、血が溜まって「血腫」を作り
次第に爪がはがれるということもあります


また、痛みに関しても有無があり、

痛む場合には打った事によっての痛みや
血腫が爪の2/3以上大きい場合などにあります。



痛くないということであれば、
血腫もなく炎症もないということです。


痛みのないものに関しては、皮膚にできるほくろと同じで、
爪の成長によって移動して行く場合には特に問題はありません

ほくろが大きくなる原因!かさぶた状は病気?



Sponsored Links



爪の中の血豆の治し方!爪が剥がれる場合の対処法は?


爪の中の血豆に関しては数ヶ月かかる場合はありますが、
爪の成長と共に次第に治って行きます


爪の根元ともなれば数ヶ月

そして中の血豆が乾いてカサブタ状になって
爪が浮いて来て剥がれそうになります。


爪が剥がれそうな時は無理に剥がさず

新たに生えて来ている爪に影響が出るので
保護をしておくといいでしょう




また、痛みが強く歩くのにも支障をきたす!

・・・といった場合にはぶつけた際に骨折をしたか、
血腫によって爪を持ち上げて痛みが起きている事も。


血腫の血を抜いてもらう事で治まりますが、

自身で爪に穴を開けて抜く事はそう容易ではないので
病院で抜いてもらった方が適切です。


穴を開けて血を抜いてもらった後は、
爪を圧迫固定して自然治癒を目指します。

口の中にも血豆ができる!?6つの原因!


血豆が消えない場合はメラノーマ(ガン)の可能性も?


血豆が消えない場合!

爪の根元などにできてしまえば数ヶ月が必要ですが、
時には爪や皮膚に起こるガン「メラノーマ」の場合があります。


非常に悪性のガンで、
足の指の爪にできることもあり場所を選ばず発生します。


メラノーマの場合は
爪が成長しても斑点などが移動しません

いびつであったり縦に黒い筋が入ったり
黒い点や筋が大きくなったりします。


他にも身体に変化もあり体重の減少や全身の倦怠感、
食欲減退といった事が表れていたら速やかに病院へ。



取り除く事なく放置した場合には
他の臓器への転移があり注意がとっても必要です


他にも爪が黒くなる事があり、薬の服用や放射線治療、
アジソン病というホルモン異常の病気の場合もあります。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索