びわ茶 効能 効果 作り方

トレンド豆知識

びわ茶の効能は癌やアトピー、ダイエット効果もある!?副作用は?


びわ茶の画像

古くから健康によいとされ
飲まれている健康茶がたくさんありますよね。

効能によって選び飲むことで、
その効果を得る方法としてとても簡単で身近です。


たくさんある健康茶の中で、
今回ご紹介するのはびわ茶

びわ茶にはどんな効能があるのでしょうか!?
ダイエットには?アトピーには??

気になるびわ茶の効能をご紹介します!


Sponsored Links




びわ茶の効能はガンやアトピーに効果的!?副作用は?


びわ茶の原材料は果物の『びわ』の葉

薬草としても存在していて、
生薬名は『枇杷葉(ビワヨウ)といいます。


主な成分に”アミグダリン”
別名<b>ビタミンB17

肝臓や腎臓の調子を整えて
解毒の促進に働きます。


他に耳にしたことがあると思いますが、

ペクチン葉酸
タンニンサポニンなど。


効能として、

・強壮や疲労回復

・下痢止めや湿疹

・あせも

・咳止め

・健胃

・ガンの抑制


などがあげられています。





特にアミグダリンはアメリカを筆頭に20カ国以上で
ガンの治療薬として使われています。


他にアトピー肌の方にも
よい作用をすると注目をあびています。

ただし、
アレルギーリスク面で注意が必要です!

びわアレルギーの症状や治療法!



バラ科の植物であるため、

桃、いちご、りんご、梅、
アーモンド、さくらんぼ


といったものに反応してしまう方は
事前にかかりつけの専門医と相談してからにしましょう。


アレルギーの元となるタンパク質

加熱に弱いとはされていますが
必ずしも安全とは言い切れません。


少量試してなんらか体調に
変化がある様であれば注意しましょう。


Sponsored Links



びわ茶の効能はダイエット効果もあり妊婦さんにもおすすめ??


びわ茶に含まれている

「サポニン」「タンニン」には、
ダイエットにとても最適な成分です。


サポニンは脂肪の吸収を抑制する働きがあり、
タンニンには整腸作用や抗酸化作用があります



さらに老廃物を排出する働きがあり、
ダイエット効果が期待出来るとされています。



また、妊婦さんにも安心のノンカフェインで、

血糖値の抑制などにも効果があるので、
妊娠糖尿病の予防などにもおすすめです。




びわ茶の作り方や飲み方は?


お庭にびわの木がある場合には手作りが出来ます。


びわ茶を作る場合には
9月頃の葉を採取し、

葉の裏側に綿毛が付いているので
水で綺麗に洗い取ります。


幅3センチ程度に刻んで風通しのよいザルなどに
広げ、しっかりと天日で乾燥させます。


飲み方は、茶葉をそのままやかんに入れるか、
ティーバッグに入れて強火で沸騰させ、

沸騰後はとろ火で5~10分煮出します。

茶葉を入れたままにして一旦冷ましおきます。


冷めたものを常温または氷を入れて飲んだり
作り置きして冷蔵庫で冷やしても飲みやすいです。


温かくして飲みたい場合は
カップなどに注いでレンジで温めましょう。


煮出したびわ茶はコットンなどに含ませて
顔を拭うと収れん作用もあり美肌に効果的です!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索