手持ち花火 種類

トレンド豆知識

手持ち花火の種類別の名前と特徴!家庭用打ち上げ花火の値段は?


手持ち花火の画像

手軽に出来る手持ち花火

家族や友達、恋人同士などなど
夏になると楽しまれると思います。


手持ち花火の種類ってご存知ですか?
実はたくさんあるんです!

極一部ですが手持ち花火の種類
ご紹介したいと思います!


Sponsored Links




手持ち花火の種類別の名前とその特徴


手持ち花火は基本的に5種類あります。


線香花火

日本の伝統的な花火であり、

江戸時代には香炉にお線香の様に立てて
楽しんだ事からこの名が付いたとされています。


ススキ花火

ススキの穂の様な火花が特徴的で、
ポピュラーな花火でバリエーションが多いです。


変色花火

燃えている最中花火の色が数色変わるのが特徴です。


スパーク花火

パチパチと雪の結晶の様な花火が散る
美しい花火で、煙が少ないのが特徴です。


絵型花火

持ち手のところにキャラクターや、
絵などが書かれているお子さんに人気の花火です。



他にも手持ち以外に、
ニョロニョロと蛇の様に伸びる「蛇花火」や、

小さめでも迫力のある「ドラゴン」
回転する「ねずみ花火」など様々です。



家庭用の打ち上げ花火の種類と値段は??


家庭用でも打ち上げ花火や、手持ち吹き出し花火など
迫力のある花火がたくさん出回っています。


価格はお店によっても様々ですが、
200円くらいからと手頃な価格であり、

発数や本格的な牡丹といった
特殊技法のものは2千円以上するものもあります。

日本一の花火の最大の大きさは?


人気のあるパラシュートが出て来るものなどは、

パラシュートの数にもよりますが、
200円程度から取り揃えがあります。





家庭用でもナイアガラなどが楽しめたり、
さながら小さな花火大会が出来てしまいます。


手持ちの花火セットが多数販売されていますが、

花火専門店などでは、連射や凝った仕掛けなど
種類が豊富でバラでも購入することが出来ます。


Sponsored Links



手持ち花火を撮影するときの設定やコツ!


お子さんや友達などとワイワイ花火を楽しむ際に、
花火を綺麗に撮って大切な想い出を残したいですよね。


今ではスマートフォンや携帯など
手軽に写真が撮れるのですが、

なかなかキレイに撮れない事が多いもの。


スマートフォンによっても設定が異なるのですが、
AE/AFロックを使うと自然のまま撮れます。


つまりフラッシュ無しで花火に焦点を当てて
撮る事で明るい色のバランスが取れます






また、感度の設定もポイント!


ISO感度を高い数値にするとノイズが多く
粗くなるので100程度か低い設定がおすすめ。


夜景モードの設定があれば
露光やフラッシュなどを制御出来ます。


手軽に楽しめる花火ですが、火を消すための
水を溜めたバケツと、ゴミはしっかり持ち帰りましょう!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索