たけのこ 栄養 下処理

トレンド豆知識

たけのこ の栄養と下処理の方法

a1180_008231

春になると山菜やたけのこを取る為に、
たけのこ狩りに出たりして

この時期にしか出ない山の幸を、
手間をかけ灰汁を抜き食べられるようにいたします。

蕨、ぜんまい、タラの芽、ふきのとうなど
山や野原で取れる物は沢山有り、

祖母や母は何時何処に行くと
何が取れるなど昔は知ってたものです。

特にたけのこは初夏に取れ、他の山菜とは時期を違いますから、
山の幸が落ち着いたら、たけのこ狩に行ったります。

直ぐ灰汁抜きをして水に晒して皮を剥かなければならず、
大変な手間を掛けていただくたけのこの味は格別です。

今回はたけのこの栄養と処理方法についてまとめました。

» この記事の続きを読む


たけのこの栄養って?効能や効果がスゴイ!メタボにもおすすめ!!

a1180_008232

たけのこは低カロリーで健康食品と言われています。

主成分となるのはたんぱく質で
現代人が不足しているとされる栄養素です。

他にも食物繊維やビタミン類など栄養豊富でありながら
エネルギーが少ないのが特徴です。

肥満を抑える食生活を目指すのであれば
たけのこはお薦めでしょう。

ダイエット食品として注目されているのはもはや言うまでもありません。

ここでは、たけのこの栄養や効能などについてまとめてみました。

» この記事の続きを読む


さやえんどうの育て方 | プランターの選び方や育てるポイント

6227664685d1e341c8d772678513c1dd_s

さやえんどうの栽培にチャレンジしてみませんか?

鞘が若い時に食すると絹さやと呼ばれ、
大きくなって中身を取り出して食するとグリーンピース、
鞘も実も一緒に食べ頃な時にはさやえんどうと称されます。

さやえんどうは育て方のポイントだけ押さえておけば実に簡単

寒さに強く手入れが簡単で、
支柱さえ立ててやればするすると昇っていくので摘み取りがさ楽で、
余り高いのはイヤだとおっしゃる方には蔓無しのタイプがおすすめ。

お庭やバルコニーでも、スペースを取らない植物ですから、
花も可愛らしく観賞用にも楽しめます。

食物を育てる楽しみが生活を少し変えてくれるかも知れません。
さやえんどうを育てるチャレンジしてみませんか?


» この記事の続きを読む


たけのこの旬の時期はいつ?おいしく食べるポイント!

a0005_000070

どんな食べ物でも旬の時期に食べると美味しく頂けますよね!

たけのこは、産地や竹の種類によって、
旬の時期が異なります

たけのこご飯や焼きたけのこ、
たけのこの煮物もおいしいですよね!

たけのこは食物繊維も多いだけではなく
体の水分バランスを整えるカリウムなどを含み、
栄養豊富でヘルシーな最高の食材です。

ここではたけのこの旬な時期から、
おいしく食べるためのポイントなど紹介していきます。

» この記事の続きを読む


たけのこの種類と選び方の3つのポイント!!

a0005_000070

色とりどりの花が咲き春の息吹が感じられる頃は、
たけのこの美味しい季節でもあります。

たけのこはその言葉通り竹の子ども、つまり竹の芽の部分です。

スーパーでは真空パックに入ったたけのこが年中売られていますが、
やっぱり旬で新鮮なものが一番おいしいものです。

たけのこはたけのこご飯や煮物、たけのこ汁など、
様々な料理に使用できます。

ここでは、そんなたけのこの種類や主要生産地、
また美味しいたけのこの選び方をお教えします。

» この記事の続きを読む


リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧
カスタム検索