お年玉 金額 相場

トレンド豆知識

お年玉の相場は?金額は奇数?偶数?小学生~中・高校生の平均は?


088552

子供の頃は貰う側、
大人になればあげる立場になるお年玉

いくらあげたらいいのか?
相場っていったいどれくらい?

今回は、お年玉の金額の相場についてや、
誰にどれくらい?

・・・といった金額平均をご紹介しましょう。


Sponsored Links




お年玉をあげる金額は偶数?奇数?など決まりがある!?


お年玉は、新年のお祝いの贈り物です。
つまりは、祝儀であるため奇数を選びます。


冠婚葬祭でのご祝儀や香典などでも、

古くから奇数は縁起のよい数字と
されていることから

1・3・3・7といった
金額を包む事が主です。



しかし、「9=苦しむ」という意味合いで
連想されるため避けられています



その反面、偶数でもある
「8」「10」

8=末広がりや、
切りのよい数字でもあるため

偶数でも8や10は
問題が無い数字とされています。



Sponsored Links



お年玉の金額相場やその平均ってどれくらい?


お年玉は自身のお子さんや親戚、
極親しい間柄のお子さんまでが対象。


また、上司のお子さんなどの場合は、

目上のお子さんに金銭を与えるというのは
失礼であるとされている
事から、

品物や、図書カードなどを贈るとされています。




さて、赤ちゃんから高校生まで!

お年玉の金額相場や平均は
どの様な感じでしょうか!!


お年玉の基準は、

年齢÷2×1000円

という基準計算が主流になっている様で、
この計算式で決めてしまうのがよいでしょう。


高額過ぎては気を遣わせる事もありますし、
逆はがっかりさせてしまうこともあります。


この計算式であれば歳相応額であり

一般的金額であるとしているご家庭も
多いので丁度よい基準であると言えます。



中学生や高校生のお年玉の金額相場は?


お年玉の基準の計算について、
先にお話しました。


しかし、計算はあくまでも基準であり、

その計算で出た価格は年齢から考えると
少し多いかも?と感じられたり、

中途半端に¥500という数字が出ます。


ではもう少し具体的に相場は
いくらくらいでしょう?


特に中学生や高校生ともなると、
金額もかなりシビアになってくるものです。


多くは中学生~高校生までは
5000円が平均。

そして高校卒業した18歳~19歳で
10000円としている事が多い様です。


なお、小学生は3000円
高学年で3000~5000円


0歳~2歳で1000円
3歳~小学校あがるまでで2000円


渡す側と子供達の関係性も重視・考慮して
金額を決めるとよいと思います




また、お年玉は新札をご用意。

渡す時はご両親がいる前で
渡す様にするのがマナーです!


何かと最近の子は昔の子に比べたら
娯楽や衣服等にお金がかかる時代でもありますが、
だからといって多く渡すのは甘やかしになります。


それ相当の金額・お年玉は気持ちでもありますので、
多くあげて良いというものでもありません。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索