あかぎれ 治療 方法

トレンド豆知識

あかぎれの治療方法!効果的な漢方や水仕事対策は?子供には?


b26d40e67c995d2fd234876a6e65204e_s

痛くて治りにくい肌トラブルあかぎれ

その治りにくいあかぎれの治療には
どんな方法があるのでしょうか?

皮膚科で治す?
それとも漢方??アトピーの人は?


あかぎれの治療について
いくつかご紹介したいと思います。


Sponsored Links




あかぎれの治療方法におすすめの漢方は?皮膚科ではどんな治療?


あかぎれは、血行不良で起こるとされ、

漢方薬の場合には血液の循環をよくする効果を
得るため、四物湯という漢方薬が使われます。


飲み薬と同時に使用する漢方生薬を使った
紫雲膏という軟膏も効果があります。


主にこちらで治療される方が多く、
評判のよい軟膏です。




成分は、

・紫根(シコン)
・当帰(トウキ)
・ごま油
・豚油
・ミツロウ



紫根と当帰には患部に増殖する
若い細胞(肉芽)の発生を促進する作用があり、


あかぎれで出来た亀裂に紫雲膏を乗せて、
ガーゼなどで保護する事で治療すると
軽度のものであれば短期間で治るというものです


皮膚科でも処方される事が多い軟膏です。

それでも改善の見込みのない場合には、
その状態にあった処方をしてもらう他ありません。



他に治療法としては、
白色ワセリンを使用する方法もあります。


水分を封じ込めてフタをする役割をし、
患部に水分を与えてからワセリンでフタをし、
水分を逃がさないという使い方



水を使った後というのは気化し、
その後、酷く乾燥するものです。


手が濡れた後、拭わずにそのまま
ワセリンを擦り込むことで
水分を保持することが出来るということです


Sponsored Links



子供のあかぎれの治療薬にはオロナインがおすすめ!?


手足の冷たい子供に見られがちですね。

あかぎれの原因に血行不良もあげましたが、
手の洗い過ぎなどによって起きていることも原因です


子供の角質層は大人にくらべてとても薄く、
抗菌剤入りの手洗い石けんを何度も使い、

その後、保湿もせずにいると
乾燥などからあかぎれを起こします。

肌の乾燥対策におすすめの食べ物は?



動きの多い子供の場合は
紫雲膏などでの治療は難しいと思います。


その為、オロナインなどの軟膏を
手洗いなどの後に付ける事がおすすめです。

もちろん大人にもおすすめします。


手洗いやお休み前などしっかりと擦り込んで
綿やシルクの手袋を付けて眠ると良いでしょう。



あかぎれの治療期間に水仕事をするときは?


あかぎれを起こしている間は、

極力水に触れない・洗剤などに触れない

ということに重点を置きたい部分でもあります。


ただ、水仕事をされる主婦や仕事柄の方には
それをなかなか出来ない事が多いと思います。



その際にはやはりゴム手袋の着用という対策です。
短時間であっても保護することは大切です


しかし、そのままゴム手袋を使用すると
手袋内に軟膏やハンドクリームなどが付き

衛生がよくない為、綿の手袋などを
付けてからゴム手袋をつけるといいですよ!



どうしてもゴム手袋の使用が難しい場合には、
完全防水と動きに密着したキズパワーパッドがおすすめ!


痛みを和らげて早く治すと好評です。
自然治癒力で治すものです

薬などを使わず治したい方へおすすめの治療法です。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索