赤ちゃん フケ

トレンド豆知識

赤ちゃんのフケは乾燥やシャンプーが原因?取り方や治療・対策は?


沐浴の画像

毎日お風呂に入れて清潔にしているのに、
白くカサついてフケが発生!

赤ちゃんでもフケは発生するんです


特に育児が始めてのママは
びっくりするかもしれませんが焦りは禁物!

まずは原因を知って対処しましょう。
今日は”赤ちゃんのフケ”について解説します。


Sponsored Links




赤ちゃんのフケの原因は乾燥から??


赤ちゃんの頭にフケが発生する原因は、
大きく分けると”2つの原因”があげられます。


1.乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)

頭皮に限らずおでこなどの
皮脂分泌の多い場所に見られる症状で、

黄色いかさぶたが出来ます。


生後数週間から4ヶ月くらいまで多く見られ

生後すぐの場合はママの女性ホルモンと、
新陳代謝が活発であることから皮脂分泌も多いです。


しかし、毛穴の発達が未熟なため、

皮脂や汗など排出されにくくなり
毛穴が詰まった状態に。

その結果、こうした症状が起こります。

湿疹でありながらかゆみを伴いません

赤ちゃんの頭皮に黄色や茶色のうろこの様なものが!原因は?


2.乳児性乾性湿疹(にゅうじせいかんせいしっしん)

皮脂分泌が落ち着いた生後6ヶ月頃より、
乾燥して発症する湿疹です。


それまでは多く分泌していたものが
急に少なくなり

肌の水分を閉じ込めるものがなく
乾燥しやすい時期となります。


脂漏性とは真逆の症状で、
乾性はかゆみを伴います

フケの原因は乾燥?対策におすすめのシャンプーは?


Sponsored Links



赤ちゃんのフケの取り方や治療方法は?


乳児湿疹でも患部に赤みを帯びていて
ジュクジュクとしたものであれば、

小児科医や皮膚科の診断を要し、

炎症を抑える様な軟膏などを
処方してもらいましょう。


フケの取り方は・・・


脂漏性


フケやかさぶたを取る方法として、

刺激の少ないオリーブオイルベビーオイル
たっぷりと浸したコットンでかさぶたをふやかし、

かさぶたの面積にもよりますが
30分~半日放置。




無理に剥がそうとすると出血を伴い、
傷口から別な細菌の感染を伴うので、

1週間程度ゆっくりと時間をかけましょう。


他には症状が軽い場合は重曹ペーストを作り、
頭皮に塗って数分~20分置きます。


安全な方法ではありますが、
個人差があるのでパッチテストを行ってください。


それぞれかさぶたをふやかしたら、
頭皮に傷を付けない様に

しっかりとシャンプーで洗い流したらOKです。






乾性


低刺激のシャンプーか純石けんを使用します

大人用のシャンプーの使用は皮脂を取りすぎるので、
赤ちゃんへの使用はやめましょう。


大事なのはお風呂上がり!
しっかりとした保湿を行いましょう。

それだけです!

赤ちゃんの耳垢の取り方と頻度!


赤ちゃんのフケの予防や対策は??


大事だからこそあれやこれやと
手をかけすぎてしまう事もあると思いますが、

むやみやたらにあれこれ付け過ぎもよくありません。


「清潔に」と言われれば日に何度も
お風呂にいれてしまうことも夏場は多いと思います。


しかし、その度に石けんを使用する必要はなく、
夜に1度石けんの使用だけで十分です


肌に優しいものであっても洗い過ぎは
その度に皮脂を取り過ぎてしまいます。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索