ピーナッツ 食べ過ぎ

トレンド豆知識

ピーナッツの食べ過ぎは太る?ニキビや腹痛、アレルギーになることも?


6d1dc161e0832761fec20b97f371b3be_s

ピーナッツを食べ過ぎると太るとか、
ニキビができる・鼻血が出るなど・・・

ピーナッツにまつわる噂はたくさんありますよね。
でも、それって本当なのでしょうか?


そこで今回はピーナッツの食べ過ぎで起こることや
噂の真相を調べてみました。


Sponsored Links




ピーナッツの食べ過ぎは太る?ニキビができたり下痢や腹痛になるのは本当?


ピーナッツの食べ過ぎで起きる様々なトラブル。
本当なのでしょうか?


まずピーナッツの食べ過ぎで太ると言われてますが、

ピーナッツには脂質が多く含まれており、
カロリーが高いのは事実です


しかし、ピーナッツに含まれる脂質は、
適量であれば体には良い脂質です。

ピーナッツをおやつなどの代わりに
間食で食べるダイエット法もあるほど


ですが、カロリーが高いので食べ過ぎは逆効果!
多量に摂取するのは控えるべきでしょう。

ピーナッツの栄養がダイエットにいい!その方法や適量は?



次によく聞くニキビができる!
・・・これもよく言われていますね。


ピーナッツにはビタミン、ポリフェノールなどの
栄養素が多く含まれています。

抗酸化作用や美肌効果など嬉しい作用がありますが、
このビタミンなどが食べ過ぎによって多量に摂取されると、

肝臓などへの負担となり、
肌荒れを引き起こす一因となるようです

適量を守るのは、やはり重要なようですね。


他にも下痢や腹痛になるなども聞きますが、
ピーナッツは消化があまり良いものではありません

そのため食べ過ぎによって
腹痛下痢を起こすことがあるようです。


また、渋皮に含まれているタンニンという成分も、
便秘や下痢の原因となるようです。

渋皮には良い栄養素も含まれていますが、
お腹の弱い人は剥いて食べたほうが良さそうですね。


Sponsored Links



ピーナッツの食べ過ぎが原因でアレルギーになることも!?


ピーナッツは消化に良い食べ物ではありません。

毎日毎日、食べ過ぎていると、
アレルギーを引き起こすこともあるようです。


同じ食べ物を続けて食べることで、
その食べ物に対してアレルギー反応を起こすことがあります。


その症状は蕁麻疹喉の腫れ、鼻炎などがあり、
喉の腫れが原因で窒息を起こす危険もあります

他にも消化不良の状態が続くと腸内環境が悪くなり、
そのせいで免疫力が低下し病気になりやすくなることも・・・


どんなに体に良い食べ物も食べすぎれば毒になります
適量を守るということが何よりも大切ですね。


ピーナッツを犬に与えたらダメ?その理由とは?


犬がピーナッツを食べたら良くない!
・・・というのは聞いたことがありますか?

これもよく聞く話の1つですが調べてみると、
その理由は人間と同じようなものということが分かりました。


ピーナッツは人間と同様に、
犬にも消化不良や腹痛・下痢などを引き起こすことがあります


味の付いていないピーナッツを柔らかくし、
細かくしたものであれば少量与えても大丈夫なようですが、

人間用の味のついているピーナッツなどは
塩分や糖分が多いので犬には危険です


ピーナッツの与えすぎは、
消化不良・下痢・結石などの原因となってしまいます。


飼い主から積極的に与えた方がいい食材ではありませんね。
大切なワンちゃんの健康を考えると与えないほうがよさそうです。



ピーナッツは適量であれば
体に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。

しかし、なんでもそうですが食べ過ぎ
体への負担となり、健康を害することもあります

適切な量を食べることが大切です。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索