塩 アレルギー

トレンド豆知識

塩アレルギーって本当?その症状は? 塩麹や亜硫酸塩でもなるの?


l-51111

塩でアレルギーってご存知ですか?

塩といえば料理やお菓子など、
あらゆるものに入っている調味料であり、

中には体を洗う石鹸や歯磨きなど、
様々なところで利用されています。


その反面、肌を改善させる力があったり、
アレルギー症状を抑えるなどといった真逆の効果を持つことも。

そんな塩とアレルギーについて調べてみました。


Sponsored Links




塩アレルギーって本当にあるの?どんな症状?


塩でアレルギーとは一体?・・・と思いますが、
「本当?」と私は疑ってかかってみました。


何にでも「アレルギー」という様に
決めつけるのはどうか?

という現代の考え方に、私個人としては
課題反応な気もして仕方がありませんでした。


その塩によるアレルギーの症状には、

塩分の多い食品を食べた場合に口の中にただれ、
発疹により強く痒みが出るといいます



しかし、食物アレルギーの様な腫れであったり、

食べて飲み込んだ際に粘膜にアレルゲンが触れて
気道が塞がり息苦しさを感じる

と、いったそうした症状はない様です。



本当に塩はアレルゲンとなるのか?

東京医大式食物抗原強弱表などをみても
塩に対して特に記載はなく、

アレルゲン検査一覧表にも記載はありません。


では、なぜここまで「塩」に対してアレルギーというのか?
深く探ってみることにしました。


ここまででは
塩はアレルギー要素はないとしたいと思います。


Sponsored Links



塩麹アレルギーが塩アレルギーの原因?


人気の万能調味料でもある塩麹

塩麹はアレルゲンになるといい
同時に、塩分でもアレルギーになると言います。


「そんな事ある?」と思いアレルゲン表を見るも、
やはり塩麹とは一切ありませんでした。





そこで塩ではなく「麹」に着目しましたら、
麹を作るに不可欠な「コウジ菌」はアレルゲンになります。


コウジ菌はアスペルギルス属に含まれていて、
これによってアレルギー反応を起こす事は間違いありません。


亜硫酸塩アレルギーの症状には頭痛が!?


ワインやドライフルーツの
酸化防止や漂白として使われる「亜硫酸塩」が
体内に入ると酷く頭痛がするといいます。


一般的な二日酔いとは別に起こる症状でありますが、
海老やオリーブなどといった食品を食べても大丈夫です。

これらにも亜硫酸塩は酸化防止で含まれているからです。


他にもツナ缶や菓子類など数多く、

ワインに特化していうならば原産でもある
フランスなどでは古くから添加していて当たり前。



食物アレルギーであれば飲んで数分のうちに
口腔内の腫れなどを伴うもので、

ワインにおける亜硫酸塩アレルギーと頭痛は、
どれも時間経過がありすぎる事が多く、

この頭痛は亜流塩酸による副作用だ!
と決めつけるにはおかしい様な気がします。


ワインと供に食べるであろうチーズや生ハム
これらにも含まれている添加物


日本人はアルコール分解酵素が
他国に比べてその量は非常に弱いといい、

こちらの要素でありその反応が頭痛であるといいます。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索