クリスマスローズ 花言葉 種類 時期

トレンド豆知識

クリスマスローズの花言葉の意味や由来!種類で開花時期は違う?


クリスマスローズの画像

「クリスマスローズ」は人気があり
庭花などにして育てている方も多い花の1つです。


クリスマスローズの花言葉をご存知でしょうか?

とてもステキな花名には、
どんな花言葉があるのでしょう?


今日はクリスマスローズの花言葉についてご紹介します。


Sponsored Links




クリスマスローズの花言葉の意味は?合格との由来って??


クリスマスローズの花言葉には、

・私の不安を和らげて
・慰め
・中傷


といった少し憂いを持った花言葉があります。



花言葉の由来は、古代ヨーロッパに遡り
その香りが病人から悪臭を除くとされ、

ギリシャでは狂人を正気に戻す!
とも考えられていました。


他に、イギリスはエリザベス時代には
憂鬱を追い払うために使われていた

とも言われています。


そのため「私の不安を和らげて」や「慰め」といった、
ある意味前向きで優しく労る意味の花言葉なのです。





では「中傷」は?

学名であるヘレボルス(Helleborus)が、
ギリシャ語「helein(死に至らしめる)」からきており、

これにはクリスマスローズの
根に毒があることに由来しています



また、クリスマスローズは花びらに
見える部分ガクが落ちない事から

「ガク(学)が落ちない」とされ、

受験合格祈願にクリスマスローズを購入したり、
贈ったりすると縁起のよい花として人気を博しています。

受験生に贈りたい言葉や名言(英語) 応援メッセージ!



他にも「追憶」「私を忘れないで」
といった花言葉もあり、

古代ヨーロッパで騎士が戦地へ向かう際、

恋人へ贈った花という事から
由来しているとされています。


Sponsored Links



クリスマスローズ開花時期とその品種や種類は?


クリスマスローズとはキンポウゲ科ヘルボルス属の
一種であるニゲル種を指し、

日本ではヘルボルス属を総称して
クリスマスローズと呼んでいます。



交配種でありその品種は数が多く、
園芸種には八重咲きや半八重咲きなどがあります。


主な品種には、

エリックスミシーやニゲルコルス、
バレンタイングリーンなど多くあります。


耐寒性に強く、開花の時期

ニゲルに関してはクリスマス時期に!
他園芸種に関してはに開花します。

クリスマスの意味はミサと由来してた!?


白色のクリスマスローズには違った花言葉の意味がある?


ニゲル種は白色になりますが、
交雑種は色が多彩であり、

赤・黄・ピンク・黒・白・紫・
緑・アプリコットといった花色があり、

20種以上あるとされています。



中でも白い花であるニゲル種には、
違った花言葉・意味があります。




ニゲルの花言葉は古くより、
キリスト教の国々で語り継がれてきました。


キリストが誕生した際、マデロンという
貧しい少女がお祝いに聖母マリアの元へと駆け寄り、

誕生を祝う贈り物がないと嘆き悲しんだ際の
少女の涙から誕生したというのです。


少女の流した涙から純白のニゲルが咲き乱れ、

少女はその花を摘み聖母マリアと幼子であった
キリストに捧げたという伝説が伝えられています。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索