秋 結婚式 服装

トレンド豆知識

秋の結婚式!男性・女性の服装のポイント!上着やアウターは?


結婚式のゲストの画像

秋の結婚式のおよばれ服!
肌寒くなるし、選ぶのに迷いますよね。


みんなどんなの選んでるの?
コートは必要?上着は??

まずは、今の季節に合わせると◎
秋の結婚式の服装についてご紹介します。


Sponsored Links




秋に行われる結婚式の男性の服装は?上着は?


男性の場合は親族なのか?
来賓なのか?によっても服装が変わります。


来賓の立場では昼間の場合には
準礼服であるディレクターズスーツ

上着は黒で下はストライプのスラックス、
ワイシャツは白でネクタイはシルバーなど。


夜だと夜の準礼服でタキシード
黒のカマーバンドを付け、シャツは白、
黒い蝶ネクタイというのが基本です。





「いつものビジネススーツでいいや」なんて言わず、
男性もおよばれ服はオシャレをしてゆくべきです!


他にもシングルのスーツに
アスコットタイの組み合わせや、

光沢のあるグレーやブラックのスーツ、
ジャケットだけ色を変えるというのも1つです。

喪中の時の結婚式マナー!出席ってOK?


Sponsored Links



秋の結婚式!女性の服装のポイントは?ボレロやはおりは?


女性の場合は肩や腕を出したフォーマルドレスを
着て行く事が多いと思います。


フォーマルドレスを着て移動するのであれば、
日中はボレロなど着用したほうが無難です。



クロークでジャケットやコートは預けてしまうので、
パーティドレスだけではちょっと・・・という場合は、
ストールやボレロを別途持って行くと良いでしょう。


オーガンジーで出来ている透け感と光沢のある素材や、
ニット素材でもフォーマル用のものもあります。




また、ドレスが白っぽいものの場合は、
花嫁さんの色なのでそのまま参列するのはNG!


濃い色のバッグ・靴・ボレロやストールを
合わせて回避する必要があります。


また、逆に全身真っ黒というのもマナー違反です。

明るい色のボレロやストールを羽織るか、
コサージュを付けるなど必ず色を入れましょう


ミュールやサンダル、ブーツ、
厚底靴なども不適切です。


また、バックバンドのパンプスではなく、
踵を覆うタイプのパンプスがおすすめです。

服のしわの取り方!しわを付けない洗濯方法



買うのもちょっと・・・と思われるのであれば、

1日レンタルなど利用すると
場合によっては費用が軽く済む事もあります。




お呼ばれドレスをレンタル


秋の結婚式はアウターやコートはどうする?


秋といえば気温も低くなり、
アウターをどうするか迷いますよね。


多くは男女共にトレンチコートかジャケット
女性に至ってはノーカラーコート等も多い様です。



レザー、毛皮、ファー、ニット、ダウンなどは
結婚式には不適切な素材です


クロークで預けるとはいえ、
フォーマルな場所には不釣り合いですので
きちんとしたアウターを選びましょう。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索