ひまわり 種 食べ方 栄養

トレンド豆知識

ひまわりの種の食べ方!栄養に含まれる効能や効果・カロリーは?


ひまわりの種の画像

ひまわりの種と聞くと、

ハムスターなどペットが美味しそうに
ほおばっているイメージがありますが、

大リーガーが試合中に食べていたり、
おつまみが並ぶ売り場にあったりします。


もちろん食用になることも多く知られていますが、
とても体によい作用をするんです!

ひまわりの種がもつ栄養について
今日は注目したいと思います!


Sponsored Links




ひまわりの種が持つ栄養成分とは?


今では様々なサプリメントや食材も多く、
補えるものはたくさんありますが、

健康や美容にプラスになる食材として
ひまわりの種の栄養についてお話しましょう。


まずは栄養豊かなひまわりの種の
栄養成分を見てみましょう!


ひまわりの種の主な栄養分(可食部100g)


ビタミンE:12mg

ビタミンB1:1.72mg

ナイアシン:6.7mg

ビタミンB6:1.18mg

葉酸:280μg

ビオチン:80.1μg

マグネシウム:390mg

リン:830mg

セレン:95μg


他にもビタミンミネラルが豊富です。

ひまわりの花言葉!ギリシャ神話に隠された悲しい由来!!


Sponsored Links



ひまわりの種の栄養に含まれる効能やその効果は?


細胞の再生や増血作用に大切である葉酸は、
妊婦さんや成長期のお子さん、他現代人には必要な成分です。


ほかに、ミネラル分による体調改善、
貧血予防、爪や髪を健やかに保つ作用、
老化防止や冷え解消、美肌など。

口内炎や肌荒れが出来やすい方にもおすすめです。



ほぼ脂質が多いのですが、

体によい脂肪である”多価不飽和脂肪酸”や、
”n-6系 多価不飽和脂肪酸”が豊富で、

中性脂肪やコレステロール値を調整、
体内では固まりにくい性質を持っていて、

実際ラットの研究では、ひまわりの種から
できる種子油を1ヶ月摂取させた結果、

LDLコレステロールや脂質の状態改善が見られ、
高脂血症や動脈硬化予防の効果が期待されています。





美油の面でも早産で生まれた赤ちゃんの
生後2~4週間後のスキンケアにもすすめられ、

殺菌作用を持つ事から期待されているという
研究結果があります。


また、セロトニンを生成するトリプトファンも多く、

近年多いうつ症状や心身疾患やイライラ、
不安障害などにもお勧めです。


ひまわりの種のカロリーや食べ方は?食べ過ぎには注意!?


ひまわりの種は良質な脂質を
持っている事もさながらカロリーも高め!

100g=611kcal


つい小さいので食べ過ぎてしまう
なんてことも無くもない話ですね。




ひまわりの種が持つ脂質には

”n-6系脂肪酸(n-6 リノール酸)”を含み、
体で合成出来ない必須脂肪酸の1つであり、

食事で摂取しなければならないものですが、
現代の日本では過剰摂取傾向であると言われています。


体に溜まりにくいものではありますが、
だからといって摂取しすぎもよくありません



なお、食べ方は既に煎って
皮が剥かれたものが殆どで、

他にもご家庭では焼き菓子に入れたり、
パンの記事に混ぜて焼き込んだり。

ナッツ類と同じ様な使い方が可能です

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索