カーネーション 花言葉 由来 意味

トレンド豆知識

カーネーションの花言葉の由来!母の日以外に贈れる色やその意味は?


d539ea16d31437f8b5a06a9033ae53af_s

母の日に贈る花としては定番のカーネーション

赤が主流ですが今では白やピンク、
オレンジなど様々な種類があり、

贈るフラワーギフトも様変わりしています。


ところでカーネーションの花言葉はご存知でしょうか?

母の日以外の贈り物をする際には
花言葉を意識してみるとよいかもしれません。

では、カーネーションの花言葉について詳しく解説しましょう。


Sponsored Links




母の日にカーネーションを贈るようになった由来は?


母の日に贈る花は、

現在では様々取り揃えがありますが、
やはりカーネーションがしっくりきます。


そもそもなぜ、日本で母の日にカーネーションを
贈る風習が出来たのでしょうか?


これを知るとより、
母の日に贈る花であると強く想います。


カーネーションは母への愛という象徴で、

この習慣は20世紀初頭
アメリカから始まったとされています。


現在では様々な色が品種改良され、
他の花と組み合わせたり、

色とりどりのカーネーションを
花束にしたりと贈り方は色々と増えました。





しかし「母への愛」の象徴であるとされたのは、

十字架に架けられたキリストを見て流した
母、聖母マリアの流した涙の後に咲いた花である


といういわれからきています。


名前は古代ギリシャ時代、
主神ゼウスに花冠を捧げる習慣があり、

その花冠を作るにはカーネーションは
欠かせない花であったと言われています。


ラテン語で
花輪=CORONA(コロナ)にちなみ

”CARNATION(カーネーション)”と
名付けられたと言います。


そして”母の日”の提唱者である
アンナ・ジャービスさんの母が

カーネーションが好きであった事に由来し、今に至ります。

母の日に贈る花などの金額相場は?



Sponsored Links



カーネーションの花言葉とその意味や由来は?


母の日に贈るカーネーションの代表といえば
赤いフワフワとしたカーネーションですね。


赤いカーネーションの花言葉は、

・真実の愛

・愛情

・情熱


といったものがあります。

パッとした赤がとても綺麗な花ですよね。


どの花言葉も由来から考えると、

『お母さん』という大きな存在そのもの様な
とても温かい意味が込められていると思います。




自分が母親にならなければ
なかなか気づけない事もありますが、

時には厳しく、それでいていつ何時でも
大きな愛で包んでくれる唯一無二の存在。



ぜひ赤いカーネーションを
お母さんにプレゼントしてください。

母の日のメッセージカードの書き方(例文)!


母の日以外にも贈れる赤色以外のカーネーションの花言葉は?


カーネーションには
様々ながあると紹介しました。


白:尊敬・純潔の愛

ピンク:感謝・上品・気品・温かい心

黄色:美・嫉妬・愛情の揺らぎ・友情

紫:誇り・気品

といった女性らしい花言葉が揃います。


もちろん、母の日にもよさそうな
花言葉でもありますね。


黄色いカーネーションには
ネガティブな要素も持ち合わせていますが、

毛嫌いせず、色のバランスで
プレゼント用の花束などにも入っています。


要は大事なのは気持ちです!

母の日のプレゼントにおすすめの花の種類!

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索