ブラックアイスバーン 意味 対策

トレンド豆知識

ブラックアイスバーンとは?スタッドレスとチェーンどっちがいい?


a1180_000874

冬になるとよく耳にするアイスバーン

実はもっと危険なブラックアイスバーン
という状態があるのはご存知ですか?

ブラックアイスバーンとは??

キケンなその状態や対策をまとめてみました。

車でのお出掛けが増える寒い冬、
安全運転の為にチェックしてください!!


Sponsored Links




ブラックアイスバーンとは?どんな意味??


アイスバーンは聞いたことがある方も
多いと思いますが、

ブラックアイスバーンって??
という方も多いと思います。


そこで、
「アイスバーン」「ブラックアイスバーン」
それぞれをご紹介します。



アイスバーンとは?

 
気温が氷点下になり
道路上の水分が凍結している状態
 
または雪が降り積もり、その表面が
凍った状態の総称のことを言います。


ちなみに、完全に氷結している状態は
それほどスリップはせず


太陽の光、風、車の走行量などにより
凍結した路面に融解した水の膜ができてしまい、
滑りやすくなってしまうそうです。
 

日本の積雪地帯は積雪量は多いものの
気温がそれほど低くないので、

水の膜ができやすく路面が
滑りやすくなってしまうそうです。



そんなアイスバーンには種類があり

・ブラックアイスバーン

・圧雪アイスバーン

以上の2つに分けられます。



ブラックアイスバーンとは?


路面に薄い氷の膜ができた状態の
アイスバーン(路面が白っぽく見える)と違い、

ただ濡れただけの路面に見える
(黒い路面に見える)アイスバーンの事



その為、ドライバーは凍結していることに
気づかず普通に走行してしまい、

ブレーキを踏んでも止まれない状態に
なってしまう危険な状態です。


特に夜間がキケンです!!!



圧雪アイスバーンとは?


積った雪を車が踏みしめて、
圧縮され密度の高い雪の層が
つくられた路面状態の事




ブラックアイスバーンとは、
どんな状態かわかりましたか?

見た目では判断しにくいとなると怖いですよね、、、、


そこで、次に路面凍結時でも
スリップしないための対策をご紹介します。


Sponsored Links



ブラックアイスバーン時の運転対策は??


まずは、誰にでもすぐにできる
「運転方法」をご紹介します。


路面凍結時、
スリップしないための運転方法は


急発進・急ハンドル・急ブレーキをしない!!

これは基本です!!!!


更にポイントとしては
 
「カーブ進入時は速度を落とす」

カーブの入り口は凍っていなくても、
出口が凍っていることがあるため


「上り坂は一定のアクセルの踏み込で」
 

「下り坂は急ブレーキを避ける為
  エンジンブレーキを活用する」



通常は安全運転を心掛けていると
思うのですが、急いでいるときなど、

ついうっかり・・・なんて時がキケンです。

事故を起こしてしまってからでは
遅いので、常に意識しておきたいですね。



ブラックアイスバーン対策にはスタッドレスとチェーンどっちがいい?


冬タイヤ対策としては
チェーンかスタッドレスタイヤか・・・

と迷う方が多いと思いますが、

凍結する恐れのある時期になったら
スタッドレスタイヤ
履き替えておくことをオススメします。
 

非凍結時でももちろん走行できますし、
突然「ブラックアイスバーン」に
遭遇してしまった時でも安心です。


最近のスタットレスは優秀なので、
かなりの効果が期待できるそうです!!


冬場以外の走行は溝を消耗しやすいので、
夏タイヤに履き替えましょう


スタッドレスタイヤの燃費はノーマルと比較すると・・・
 
 

積雪地域に行く際は
タイヤチェーンを持参することをおすすめします。




路面を傷つけず、音も気にならない
プラスチックタイプもあるので、
車に積んでおくと安心ですね!!



以上が基本的なアイスバーン対策です。
お出掛けの際は気を付けて安全運転で行きましょう!!!

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索