ブルーベリー 栄養 効果

トレンド豆知識

ブルーベリーの栄養やカロリー!目だけじゃなく美容効果や妊婦にもいい!


e30f0d3fa1bfb732334de57b7e98df64_s

小さく甘酸っぱいブルーベリー

今では生でも冷凍食品ならコンビニやスーパーで
フローズンフルーツとして手軽に買える様になりました。

目にいいとはよく目にしますが、
他にどんな栄養を蓄えているのでしょうか?


今回はブルーベリーの栄養
効能についてまとめてみました。


Sponsored Links




ブルーベリーのカロリーや栄養!その効能は?


ブルーベリーの良さは比較的知られていますが、
栄養についてはあまり知られていないと思います。


100gでの栄養価においてですが、
カロリー49~66kcal程。

ダイエット中などでも安心して
食べられるフルーツではないでしょうか。



特化した栄養としては、

ビタミンEが1.7mgを含んでいて、
フルーツの中でもそこそこ多い量が含まれています。

カロテンも55mgを含み、野菜ほど多くはありませんが、
キャベツよりも多く含んでいたりします。


他に僅かながらもビタミンB1やB2やC、
カリウムやマグネシウム、マグネシウム、リン、

・・・といったビタミンやミネラルを
バランスよく含んでます。


食物繊維は水溶性と不溶性とも持ち合わせており、
皮が丈夫なのでどちらかと言うと不溶性の割合が高いです。

よく噛まないと逆に便秘や消化不良を起こす!
・・・といった事もなくもない話です。


Sponsored Links



ブルーベリーに含まれる栄養は美容効果にも期待できる!?


ブルーベリーで得る美容効果で注目は
皮に含まれている色素アントシアニン


ポリフェノールは色素以外に苦味・渋みの成分であり、
その数5,000種類以上あるともされています。


アントシアニンは、その中の1つで青紫の色に含まれた
この成分は高い抗酸化作用を持ち合わせ、

人間の身体を老化させてゆく
活性酸素を除去する働きを持っています


人間の細胞は酸化
いわゆる錆び付きによって老化や体調不良を引き起こします。

健康的な細胞を保つには抗酸化作用を含んだ
食品により摂取し取り込む事が必要です。





ちなみにアントシアニンの抗酸化力を
効率良く利用するには毎日40~90mgが必要。


ブルーベリーは100gで260~340mg含んでいるので、
毎日100gを摂取するだけでいいのです。

ブルーベリージャムの作り方!保存方法は?


ブルーベリーが目にいい理由!鉄分不測の妊娠中にもおすすめ!


ブルーベリーは目によいとされている理由には、
やはりアントシアニンの働きです。


本来、目にある網膜視細胞=アントシアニンであり、

光を伝達させる”ロドプシン”の再合成を促進させる事で、
眼精疲労や視力低下防止に働きます






なお、妊婦さんも安心して食べる事が出来る果物。

アントシアニンの作用で出産後増えると言われる
骨粗鬆症予防に働きます。


ちなみにブルーベリーは鉄分が多い言われますが、
それほどたっぷりと含まれていません。


100gでも0.2mgと僅かであり、

成人女性でも12mg、妊婦や授乳期のママさんなら
1日20mgは必要になります。


ただ、鉄の吸収率のよい非ヘム鉄であるので、
食べれば吸収されるよい鉄分としては間違いがありません

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索