へその緒 保管

トレンド豆知識

へその緒を保管する意味と方法!ポイントは乾燥とケース!虫対策は?


c167c226271f21c22dab81d3ff10db50_s

赤ちゃんのへその緒は、
ママと赤ちゃんが繋がっていた証!

大切に保管してあげたいですよね!

出産を終えて自宅へ戻った後に取れたへその緒、

虫が付かない様にしたり白い粉をつけて
保管をするというけれどその粉って何?・・・といった

へその緒の保管についてのお困り事を調べてみたので
きちんとした保管方法で大切にしてください。


Sponsored Links




へその緒を保管する意味やその由来は?


へその緒を保管するという習慣・・・

はっきりとその理由や意味は分からなくても
なんとなくわかる気がします。


最大の意味には「親子の絆」

状況に応じて異なりますが
10ヶ月あまりの期間をお腹の中でへその緒を通して
栄養を送り血液を巡り一心同体だった赤ちゃん。


将来的に子供に渡すかどうかはさておき、
母親としては残して置きたいものだと思います。



古くは子供が大病をした際には
このへその緒を煎じて飲ませ命をとりとめた!

・・・なんて事も考えられていたそうです。


現在でもへその緒や胎盤に
含まれている血液「臍帯血(さいたいけつ)」には
白血病や血液の病気治療に役立てられているので納得なお話


臍帯血には様々な細胞へと分化できる細胞!

「幹細胞」を持っている事から再生治療や細胞治療
といったものへの応用が期待されています。


なお臍帯血提供というものがありますが、
臍帯血バンク提携の産婦人科のみ行う事が出来る様です。


Sponsored Links



へその尾の保管方法!ポイントは乾燥と桐箱!虫対策や白い粉はなに?


へその緒の保管方法!
案外とどうするのか困っているママさんが多い様ですね。


これって洗うの?どうするの??

取れたへその緒は洗う必要はなく、
ポイントは「しっかり乾燥させる事」が大切


水分など湿気があればカビや虫の原因ともなり
完全にカラッカラに乾燥させます。



そしてしまう箱は必ず「桐の箱」

古くから大切なものは桐が使われ
湿気や虫からの防止として使われていました。


プラスチック製のケースに入れて
産院から頂いてきた方は早めに桐箱に入れて
保管を変えた方が虫がわくなどといった事を防げます





虫やカビが発生した場合にも水で洗うのはNG!
綿棒や筆などで払い取って再度乾燥させましょう。


また、白い粉は乾燥剤で、
振りかけてガーゼに包んで保管に使いますが、
必ず必要といった訳ではない様です。


粉のタイプを振りかけるのに躊躇する場合は、

小さなお菓子などに付いている乾燥剤を
一緒に入れて置くという方もいらっしゃる様です。

赤ちゃんのへその手入れや掃除方法!


へその緒が取れない時の対処法は?


多くは生後2~3週間ほどでカサブタの様になって
自然と取れるものですが、取れない場合もあります。


あまり気にせず目処であるため、
1ヶ月は様子を見て1ヶ月検診で診てもらいます。


ただ、赤く腫れ上がっていたりジュクジュクで膿んでいる、
異臭がしたりしている場合は

「臍炎(さいえん)」や「臍肉芽腫(さいにくがしゅ)」という
臍の病の場合もあるので早めの診察を受けてください。



また、へその緒には出産後にも血管が通っているので
乾く間にも出血がみられることもあります。

なかなか血が止まらない!
といった時も早く病院で診てもらってください。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索