さつまいも 蒸し方

トレンド豆知識

レンジを使ったさつまいもの蒸し方!フライパンや鍋でのふかし方は?


135dd783f52ce93bc7b6b20fe6eee6ed_s

食物繊維やビタミン豊富なさつまいも

通年手に入りますが旬の秋にはうまみがアップし、
少しの量でもお腹にたまるので
ダイエット中のおやつにもおすすめです。


そこで今回は今あるもので簡単にできる
さつまいもの蒸し方をいくつかご紹介します。


Sponsored Links




蒸し器がない時にフライパンや鍋を使ったさつまいもの蒸し方


さつまいもを蒸したりする際に、
蒸し器がないと出来ないと思われがちです。


実際は独り暮らしのお家でもあるフライパン
蒸す(ふかす)事は出来るのです!


お鍋やフライパンでふかす場合は、

陶器製の深めの皿に芋を入れ、
皿に水が入らない程度の水を張って強火にかけます。


その時にまだ蓋をせず、沸騰し始めたら火を弱めて、
蓋と鍋やフライパンの間にふきんなどを挟み、

30分ほど加熱すると甘みのある
ほっくりしたさつまいもが蒸す事ができます。


深さのないお皿しかない場合は、
小皿などを重ねて高さをだし、同じ様にすれば
フライパンでも出来るので試してみてください。

また、フライパンで本格的な焼き芋もできます
時間はかかりますがとってもおいしく仕上がります。

焼き芋の1本のカロリーや糖質は?


Sponsored Links



電子レンジで簡単な蒸し方!ルクエやスチーマーでもふかすことができる!?


最も火を使わずふかす方法と言えば電子レンジ

ただそのまま洗ってラップをしただけでは
パサ付いて甘みがなくおいしくないです。


電子レンジを使って蒸す場合には、

濡らしたキッチンペーパーでさつまいもを包んで、
その上にラップをしてレンジ加熱をしてみましょう



キッチンペーパーで水分を加えながら加熱するので
ラップだけよりも甘みをアップさせつつホクホクになります。


また、ルクエやシリコンスチーマーの場合はラップ不要!

同じく濡れたキッチンペーパーで包んで
ルクエなどに入れて加熱してもホクホクになります。





レンジで加熱する時間の目安については、
200Wでおよそ8分程度!


さつまいもは低めの時間で加熱した方が
甘みを増し美味しくなります。

100Wくらいでジリジリ加熱した方が
美味しくなりそうですが時間がかかるので200Wくらいで!


さつまいもの大きさにもよるので、
中くらいのものであれば8分程度を目安に、

大きいものは半分に切るなどしてから、
10分程度加熱するなど様子を見てください。

さつまいもの効果効能!ダイエットにもおすすめ!


圧力鍋を使ったさつまいもの蒸し方は?


簡単で短時間に出来るのが圧力鍋
ご家庭にもある方も多くなりました。


圧力鍋の場合には蒸し器を使います。

100~200cc程の水を注いだ上から蒸し器を置き、
さつまいもを乗せ蓋をしてから強火で加熱をします。


圧がかかったら弱火にし、
8分程加熱したら火を停めて圧を抜いて完成です


色々な蒸し方がありますが、
身近な物でも出来るのでぜひ、やってみてください。

さつまいもの保存方法と期間!カビる原因は?


 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索