大人喘息 症状 治療法

トレンド豆知識

大人喘息の症状は治る?発作が出ないようにする対処・治療法は?


喘息のイラスト

喘息というと子供の病気と考えられがちですが、

放置すると最悪な状況になりやすい
「大人喘息」はご存知でしょうか?


症状を把握して早めに受診し
適切な治療を行う必要があります。

大人喘息の症状について解説します。


Sponsored Links




大人喘息の症状は?発作や痰も症状の1つなの?


大人喘息は、風邪薬を飲んでいるのに咳が止まらない
実は喘息だったということが多い様です。


呼吸するたびに「ヒューヒュー」「ゼーゼー」
といった音がし、激しく咳き込んだり痰が絡む・・・

こうしたことが症状として現れます。



様々な原因が考えられ、
例えば風邪から合併症で発症したり、
アレルギーや空気の汚染などといったものなど

呼吸に関わるものから起こりえる症状です


正式には「気管支喘息」
といい、ストレスなども原因にあげられています。


夜間や早朝に激しい咳き込みの喘息発作を起こし、
昼間は比較的、咳が出にくいのが特徴です。

大人喘息の原因をチェック!



それ故に放置してしまいがちで
気がつけば重症化していることも。


息苦しさや咳き込み、喘鳴が聞こえるようならば
早めに受診する様にしましょう。


Sponsored Links



大人喘息の症状は治る?治療法は??


大人喘息は子供の喘息よりも
治りにくい事が特徴です。


気道が炎症を起こしている状態なので、
多くは吸入薬で治療を始め

すぐに症状がよくなる様であれば喘息
もしくはそれに近い疾患であると診断されます。


原因究明が不可欠で、アレルギーの有無はもちろん、
家族や近親者の病歴、職業歴や喫煙歴、ペットの飼育など

そうしたことから原因を突き止めて、
その原因を排除するか軽減させることが重要です。



治療には薬物療法(ステロイド)が一般的ですが、
治るとも言い切れません。


炎症を鎮める長期管理薬

発作が起きた時や、起こりそうな時に使用する
発作治療薬の2種類が用いられる事が多いです。


ただ、放置すれば最悪死に至り、
実際に死亡例も多く、あなどれない病なので、
根気よく治療を続ける事が大切です。




大人喘息の症状が出ないための対処は?病院は何科に??


喘息かもしれないと病院に行く場合は
どこに行けばよいのか?


呼吸器科アレルギー科が入っている
大きな病院が望ましいです。


内科でも見てもらう事は可能ですが、
治療を続けても改善が見られない場合には
専門医の治療を受けた方が賢明です。



対処としては免疫力をアップさせたり、
ストレス解消、アレルゲン除去、
といったことが効果的です。


喘鳴こそないのに同じ様に
長い咳が続く場合には、百日咳血痰

全身の倦怠感など感じる場合には、
肺がんなど他の病気が疑われる場合もあります。

いずれにしても3週間以上
咳が続く様であれば、早めに受診しましょう!

熱はないのに咳が長引く原因は?


 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索