椿油 使い方

トレンド豆知識

椿油の使い方!頭皮や白髪防止以外に肌や食用としても効果が!


4a5c1e7377d51b73ef20bc2f971db8f3_s

古くから使われている植物油椿油

近年ナチュラルスキンケアや
ヘアケアでも見直されていて
愛用されている方も多いのです。

さて、具体的にどんな使い方が出来るのか?

今日は椿油の使い方などについてご提案します!


Sponsored Links




椿油は食用にも使われていた!その効果は!?


椿油は古く鎌倉時代に確立された
精進料理で揚げ油として使われていたり、

江戸時代には高級店の天ぷら油として使われていました。


現代で言う健康食マニアであった、
将軍徳川家康公は

椿油で揚げた天ぷらを食べていたそうです。


豊かなオレイン酸には
血中コレステロールを下げたり、

善玉コレステロールはそのままに、
悪玉コレステロールを下げるという効果があります



胃に優しく腸の滑りもよくなるので
便秘気味の方などにもおすすめです。


オリーブオイルにとても組織が似ている事から
和製オリーブオイルなんて呼ばれてたりします。





椿油は熱を与えず搾取する「非加熱製法」で、
古くは独特の香りを放っていた様ですが、

現在は精製がよいのでそれほどではなく、
香水など邪魔する程ではない甘い香りです。


ただ、香料や添加物が入っているもの

食用ではないという表示がされているものは
不向きですのでご注意を。


Sponsored Links



椿油は白髪防止や頭皮にも効果的!?その使い方は?


白髪防止に椿油が注目されているのはご存知?

少しでも白髪を生えない様に・・・と

そもそもは髪の乾燥や艶を蘇らせる為にと
椿油を頭皮に付けてマッサージしたり、

髪に薄く伸ばして使い続けて来た方の
思わぬ産物の様です。


椿油にはドライヤーの熱から髪を守ったり、

毛を作る毛母細胞の活性化や、
頭皮の新陳代謝を促したりと良い効果が・・・



それにより抜け毛や艶やかな髪に育てたり、
白髪を防止するという様に云われているので

ヘアケアの一環にプラスし
習慣つける事が薦められています。





力士の方々が髪を結うのに使うのも
椿油だといいますが、

金髪の力士が髷を結い始めたら
髪が焦げ茶に変化していった・・・

などという話も伺った事があり、
髪色が濃くなるという話も満更ではない話と言えますね。


京都の舞妓さんの
黒髪を守っているのも椿油です。

髪がベタベタする原因!シャンプーは朝と夕方どっち?


椿油は実は肌に使うとスキンケア効果もある!?


椿油は髪に付けるというイメージが
とても強いのですが、全身に使う事が出来ます


椿油に含まれているオレイン酸は
肌の浸透がよく柔らかくするエモリエント効果があり

舞妓さんの白塗りを落とすものも
椿油を使う方が多いのも有名なお話です。





クレンジングオイルとして使ったり、
化粧水の後に保湿として1~2滴を付けてみたり、

マッサージオイルやリップクリーム代わりなど。


贅沢な使い方としては、

浴槽に小さじ1ほど椿油を入れて
入浴剤として使えば乾燥から肌を守るという効果も!



かさつくところにさっと使え
馴染みがよいのもお勧めのポイントです。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索