しもやけ 治療 方法 期間

トレンド豆知識

しもやけの治療方法や期間!ステロイドが効く!?効果的な漢方は?


a0001_017602

手や足、顔などに出来るしもやけ
赤くてかゆくて困りますね。

夜も眠れなくなるほど
かゆみに襲われる方もいるほどです。


しもやけの治療に効果的なものは
どんなものがあるでしょう?

どの程度で治るものでしょうか?


Sponsored Links




しもやけの治療方法にはステロイドが効果的!?


しもやけの症状は、

・かゆみ

・皮膚の赤み(赤紫斑)


一般的にはこうした症状があります。


しもやけはかゆみが強いもので、
かきこわしによって病状悪化が考えられるため、

初期の段階で炎症を抑える
強めのステロイド外用剤で、
短期間で治すことを目的とします




また、強いかゆみがある場合には
合わせて抗ヒスタミン剤を服用し治療します。


残念ながら悪化し、水疱ただれが出来ると、

細菌などの感染のおそれがあるため、
抗生物質を含むステロイド外用剤での治療になります。




ドラッグストアに相談か、
医師により処方してもらいましょう。


かゆみや痛みを我慢してステロイドを使わないよりも
ずっとストレスなく素早く改善させるので、

懸念されている方も
考えを変えてみることを私はお勧めします。


Sponsored Links



しもやけ治療におすすめの漢方薬は?


しもやけの原因は、様々言われていますが、
基本的には、血液の循環障害とされていて、

気温と肌の温度差により巡りが悪くなり
鬱血と炎症を起こす病症です



そこで血の巡りを良くし、
体を温める効果のある漢方薬での治療があります



当帰四逆加呉茱萸生姜湯が代表的です。
※トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ

手足の血行不良や四肢の冷え、痛みに
効果があり、1週間ほどで効果が現れます。




そして紫雲膏(しうんこう)
塗布をプラスします。


皮膚病に効果がある漢方薬で、
その主成分は「紫根(しこん)」
殺菌や抗炎症作用を持つ軟膏です




漢方薬は煎じ薬ですので、
お湯で溶いてから飲む事が原則ですが、
飲みにくい場合には水で飲んでも構いません。


他の飲物などで混ぜてしまうと効果が弱まるため、
食事30分前の服用をおすすめです。


ドラッグストア、もしくは漢方処方をしてくれる
専門店などで症状などで相談してみましょう。



しもやけの治療はどのくらいの期間で治るもの?


個人差もありますが、寒い季節から
暖かくもなれば治療や対策を行えば

次第に治ってゆくものですが、
軽症であれば2週間くらい
完治する方もいらっしゃいます。



初期の段階であれば2~3日

ただ、放置をせず血行改善をきちんと
行った場合に改善される見込みはあります。



しかし、しもやけの症状に似ていながら、
実は重要な病を発症している事があるんです!


血行不良が原因であるしもやけならば、
血行改善を考えた生活習慣を整えれば、
しっかりと効果をもたらします。


寒い季節以外にも同じ様な状況が続く場合には、
他の病気を疑った方がよいといえます。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索